エクストリームで株価9倍!!テンバガーにも届きそうだったまだ急騰前の同社に目を付けていた!?

毎日株式市場をチェックしていればご存知であろう<6033>エクストリーム

8月に入りみるみる株価を伸ばし、たった12営業日だけでテンバガーにも届きそうなほど、株価は桁を変えた。

動きとしては、人気ゲームの「ラングリッサー」が中国でiOS版を配信開始した事からはじまり、その後も決算でも、「ラングリッサー」のロイヤルティ収益が織り込まれていないという情報から、ロイヤルティ収益見込み先回り買いが起きた事で株価はさらに跳ね上がった。

近年、ゲーム関連銘柄は、その人気性が大きく株価に影響する傾向がある。

そういった点からも、中期的に人気の高いゲームアプリを提供する可能性が高い銘柄を探り投資している投資家も多い事だろう。

そんな中、今年4月、株式新聞とのコラボ企画でもある「福の神の取材日記」~あの企業の核心に迫る~ の第77回目にて、藤本誠之さんが<6033>エクストリームの社長・佐藤昌平さんとご一緒していていたのをご存知だろうか?

藤本さんはその時からすでに、今の混戦たるゲーム業界における<6033>エクストリームのゲーム開発技術は高く評価していた

そしてその後、自身のラジオ「まいど!相場の福の神・10ミニッツ」でも、<6033>エクストリームを強く推すこととなる。

「ラングリッサー」が中国でiOS版を配信開始するよりはるか前のことだ。

ちなみに、その放送で紹介していた時の<6033>エクストリームの株価は、まだ1,365円だ

8/17の最高値が12,320円だったことを考えると、騰落率は+802.56%UP(株価9.0倍)となり、テンバガーにも迫る勢いであった。

<6033>エクストリームを推したのも、「ラングリッサー」がどうのではないだろう。

つまり、アナリストの強みはここにあると言っていい。

仮に、投資家が膨大な統計データを持ち合わせ、その数字を、文字を、視覚的に脳内へ入れ込めることができたとしよう。

もちろん、そこから導き出されたテクニカルやファンダメンタル分析で見えてくる予測もたつかもしれない。

しかし、実際に当事者に対面する事で得られる直感的な手応えや、そこから読み取れる空気感からわかる情報は、文字や数字だけのデータには絶対敵わないのだ。

実際に話を聞き、そこから「いける」と踏んだ藤本氏の判断がそれを物語っている。

近々、アナリストがどういった職業であるのかもここで綴りたいと思う。

まずは、藤本誠之という人物が気になったのであれば、下記の記事を見てもらえたら幸いである。

「相場の福の神」と呼ばれる藤本誠之とは?経歴・実績・関連メディアなど
当ブログでも度々紹介させていただいている「藤本誠之」氏。 私の長い投資人生の中で、最も...

また、週刊SPA!では、その藤本誠之氏とわたくし株師孔明もご一緒しているのでそちらも是非に。

『週刊SPA!』に株師孔明が掲載!
ブログを見てくれてる投資家の諸兄姉よ、いつもありがとう。 先日の「Q&A」の記事でも少...

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

コメント

  1. 匿名 より:

    タイミング的に9倍とまではいかなかったですが、株プロフェットの推奨で2倍くらいにはなりました。本当に感謝です。