国内で購入できるアルトコイン一覧 ~特徴・取引所まとめ~

ビットコイン(BTC)を除く「アルトコイン」と呼ばれる仮想通貨は、種類も年々増加傾向にあり、国内の取引所でも取り扱われるアルトコインは増えてきている。

そこで今回は、国内で購入できるアルトコインを一挙紹介すると共に、各通貨の特徴やオススメの取引所についても解説する。

この記事を読めば、国内で購入できる仮想通貨において、どの仮想通貨が有望であるか判断でき、あなたはより利益を出すことができるはずだ。

イーサリアム(Ethereum/ETH)

イーサリアムとは、スマートコントラクトをブロックチェーンに実装した、分散型アプリ形成プラットフォームとして開発された。

また、「スマートコントラクト」を実装しているため、中央管理者が存在しなくても、自動で動作し、誰でも自由に使用できる柔軟性を持っている。

時価総額も、ビットコインに次いで2位を位置しており、最近ではイーサリアム建てで他の通貨を買う事ができる事からも、アルトコインの中ではひとつ頭が抜けた存在だと言えるだろう。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の主な概要

通貨名 Ethereum(イーサリアム)
ティッカーシンボル ETH(イーサ)
公開日 2015年7月30日
総発行枚数 上限なし
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム Dagger
プラットフォーム オリジナル
特性 プラットフォーム型(分散型アプリケーションを作成)
公式サイト https://www.ethereum.org/
詳細解説 イーサリアム(ETH)の詳細はこちら

イーサリアム(ETH)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • セキュリティ面と取引のスピードを重視するなら QUOINEX
  • 板取引が使い易い bitbank なら、ETHをかんたんに安く購入が可能!
  • ETHを毎月コツコツと積立投資をするなら Zaif がオススメ!

リップル(Ripple/XRP)

リップルは、リップル社が運営する、ブロックチェーン技術を使った国際送金プラットフォームだ。

数秒で完了する圧倒的な送金スピードおよび送金手数料の安さが特徴といえる。また、プラットフォーム内で法定通貨や仮想通貨に交換する機能があるため、両替も不要。これまで手数料が高く、時間がかかった国際送金の問題を解決するとして、開発が進んでいる。

時価総額ランキングは第3位となっており、さらに三菱UFJ銀行など日本企業とも提携しているため日本人にとても人気がある。

リップル(Ripple/XRP)の主な概要

通貨名 Ripple(リップル)
ティッカーシンボル XPR(リップル)
公開日 2013年9月26日
総発行枚数 100,000,000,000 XRP
ブロックチェーン形式 プライベートブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Ripple Consensus Algorithm
暗号化アルゴリズム SHA512
プラットフォーム オリジナル
特性 プラットフォーム型(国際送金用)
公式サイト https://ripple.com/xrp/
詳細解説 リップル(XRP)の詳細はこちら

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • bitbank はリップルの流通量国内No.1!さらに手数料が無料
  • 分析を使った高度な取引を行うのであれば、ツールが充実した BITPoint がオススメ!
  • 高速取引を重視するなら、世界最速マッチングエンジン搭載の QUOINEX がオススメ!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインからハードフォークして誕生した通貨だ。

ビットコインよりも大きなブロックサイズを持っていることで、手数料が安くて速い送金を実現している。

時価総額は第4位となっており、流動性は高い。さらに、ビットコインの神様と呼ばれるロジャー・バー氏が推していることもあり、注目すべき通貨のひとつと言えるだろう。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の主な概要

通貨名 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
ティッカーシンボル BCH(ビットコインキャッシュ)
公開日 2017年8月1日
総発行枚数 21,000,000BCH
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム SHA-256
プラットフォーム オリジナル(元はビットコイン)
特性 決済用通貨として開発
公式サイト https://www.bitcoincash.org/
詳細解説 ビットコインキャッシュ(BTC)の詳細はこちら

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • bitbank なら、手数料無料キャンペーン中なためお得にビットコインキャッシュを買える
  • 安全・安心を重視するなら、保険がついている bitFlyer がオススメ!
  • 分析を使った高度な取引を行うのであれば、ツールが充実した BITPoint がオススメ!
  • 高速取引を重視するなら、世界最速マッチングエンジンを積んだ QUOINEX がオススメ!

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)

イーサリアムクラシックは、2016年にイーサリアムからハードフォークして誕生した通貨で、基本的な機能はイーサリアムと同等である。

ハードフォーク時に開発チームの大部分はイーサリアムの方に残ったため、コミュニティはイーサリアムに比べて小さいが、イーサリアムとは別の路線であるIoT(インターネット・オブ・シングス:モノのインターネット)分野に向けた開発が行われている。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の主な概要

通貨名 Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)
ティッカーシンボル ETC(イーサリアムクラシック)
公開日 2016年7月20日
総発行枚数 約210,000,000ETC
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム Ethash
プラットフォーム オリジナル(元はイーサリアム)
特性 プラットフォーム型(分散型アプリケーションを作成)
公式サイト https://ethereumclassic.org/
詳細解説 イーサリアムクラシック(ETC)の詳細はこちら

イーサリアムクラシック(ETC)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • 現物取引であれば現状では bitFlyer 一択!
  • レバレッジ取引を行いたい方は DMM Bitcoin がオススメ!

ライトコイン(Litecoin/LTC)

ライトコインは、ビットコインの弱点を補うために開発された仮想通貨で、ビットコインよりも速い送金スピード・安い送金手数料を実現した通貨である。

決済サービスを行うAliant Pay Systems社の決済に使われる通貨として採用されるなど、決済通貨として実用化が進んでいる。

古くからある仮想通貨であるため信頼性が高く、価格は底堅いと言える。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の主な概要

通貨名 Litecoin(ライトコイン)
ティッカーシンボル LTC(ライトコイン)
公開日 2011年10月7日
総発行枚数 84,000,000LTC
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム Scrypt
プラットフォーム オリジナル
特性 決済用通貨として開発
公式サイト https://litecoin.com/
詳細解説 ライトコイン(LTC)の詳細はこちら

ライトコイン(LTC)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • bitbank なら、手数料無料キャンペーン中なためお得にライトコインを買える
  • 安全・安心を重視するなら、保険がついている bitFlyer がオススメ!
  • 分析を使った高度な取引を行うのであれば、ツールが充実した BITPoint がオススメ!

ネム(NEM/XEM)

ネムは、新しい経済運動(New Economy Movement)の頭文字をとった、「金銭的自由・非中央集権的・平等」を実現するためのプラットフォームである。

ネムプラットフォーム内でアプリケーションを作成したり、オリジナルの通貨を作成したりすることが可能。プラットフォーム内で流通する通貨であるXEM(ゼム)は、送金時間が速く、メッセージを付けて送金できる特徴を持つ。

コインチェック社のネム流出事件の影響で大きく値を下げており、今後価格が以前の水準に戻るかどうか注目が集まる。

ネム(NEM/XEM)の主な概要

通貨名 NEM(ネム)
ティッカーシンボル XEM(ゼム)
公開日 2015年3月31日
総発行枚数 8,999,999,999 XEM
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance
暗号化アルゴリズム Ed25519
プラットフォーム オリジナル
特性 プラットフォーム型(企業のシステムに利用)
公式サイト http://nem.io/
詳細解説 ネム(XEM)の詳細はこちら

ネム(XEM)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • Zaif ならネムを月々1,000円から積立できるため、取引に自信がない方におススメ!
  • レバレッジ取引を行うのであれば、DMM Bitcoin がオススメ!

リスク(LISK/LSK)

リスクは、イーサリアムと同様に分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォームとして開発された。

サイドチェーンを実装しているため、何か問題が起こったときに対処しやすく、さらにプログラミング言語にJavascrpitを採用しているため、プログラマーがアプリケーションを開発するハードルが低くなっていることが特徴。

まだ開発段階の通貨であるため、伸びしろは大きく、将来的に価値が高まる可能性は十分にあると言える。

リスク(Lisk/LSK)の主な概要

通貨名 Lisk(リスク)
ティッカーシンボル LSK(リスク)
公開日 2016年5月24日
総発行枚数 上限なし
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Delegated Proof of Stake
暗号化アルゴリズム SHA-256
プラットフォーム オリジナル(ベースはCrypti)
特性 プラットフォーム型(分散型アプリケーションを作成)
公式サイト https://lisk.io/
 詳細解説  リスク(LSK)の詳細はこちら

リスク(LSK)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • 国内でリスク(Lisk/LSK)を購入できるのは bitFlyer だけ!

ファクトム(Factom/FCT)

ファクトムは、アメリカにおいて開発された、ブロックチェーン上に文書を保管するプラットフォームである。

公的な書類の保管に利用されることで、文書の改ざんを防ぐことができ、文書の保管コストを削減できるとしている。

アメリカの住宅ローン書類を保管するために開発されたものだったが、他の国や住宅ローン以外の分野にも活用できるとして、開発が進んでいる。

ファクトム(Factom/FCT)の主な概要

通貨名 Factom(ファクトム)
ティッカーシンボル FCT(ファクトム)
公開日 2015年1月15日
総発行枚数 上限なし
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム SHA-256
プラットフォーム オリジナル(ベースはビットコイン)
特性 プラットフォーム型(公的文書保存)
公式サイト http://factom.org/

ファクトム(FCT)が購入できる国内取引所
  • Coincheck

取引所を選ぶ際のポイント
  • 国内でファクトム(Factom/FCT)が購入できるのは Coincheck だけ!

モナコイン(Monacoin/MONA)

モナコインは、大手掲示板サイト2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)のチャットを発端として誕生した、日本発の仮想通貨である。

2ちゃんねるのアスキーアートで有名な「モナ―」がマスコットとなっているモナコインは、コミュニティが活発であることが特徴。日本のお店で決済手段として使われたり、Twitterにおいて投げ銭に利用されたりしている。

企業と提携することや、技術的に他のコインより優れているといった点はないため、将来的に価格が大きく上がることは難しいと思われるが、日本人コミュニティの中で流通し発展する可能性があるだろう。

モナコイン(MONA)の主な概要

通貨名 Monacoin(モナコイン)
ティッカーシンボル MONA(モナ)
公開日 2014年1月1日
総発行枚数 105,120,000MONA
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム Lyra2REv2
プラットフォーム オリジナル(ベースはライトコイン)
特性 支払い用通貨として開発
公式サイト http://monacoin.org/
詳細解説 モナコイン(MONA)の詳細はこちら

モナコイン(Monacoin/MONA)が購入できる国内取引所

取引所を選ぶ際のポイント
  • bitbank なら、手数料無料キャンペーン中なためお得にモナコインを買える!
  • 分析を使った高度な取引を行うのであれば、ツールが充実した BITPoint がオススメ!
  • Zaif であれば毎月1,000円からモナコイン積立が行えるため、取引に自信がない方におススメ!

キャッシュ(QASH/QASH)

キャッシュは、大手仮想通貨取引所QUOINEXを運営するQUOINE社が、世界中で行われている取引を1つのプラットフォームにまとめる「LIQUID(リキッド)」プロジェクトの資金調達のために発行したトークンである。

将来的には、LIQUIDプラットフォーム内で決済手段として使われる予定だ。

大手仮想通貨取引所が発行していることもあるため、信用性は抜群であるし、LIQUIDプロジェクトに関する何らかのプロダクトが発表されたときには、価格が高騰することは必須だろう。

キャッシュ(QASH/QASH)の主な概要

通貨名 QASH(キャッシュ)
ティッカーシンボル QASH(キャッシュ)
公開日 2017年10月11日
総発行枚数 1,000,000,000 QASH
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム 不明
プラットフォーム イーサリアム
特性 LIQUID内の支払い用通貨として開発
公式サイト https://liquid.plus/
詳細解説 キャッシュ(QASH)の詳細はこちら

キャッシュ(QASH)が購入できる国内取引所

国内仮想通貨取引所 登録方法解説一覧

これからアルトコインを購入したいが、口座開設の仕方・購入方法がわからないという方は、下記の各取引所の「口座開設方法・使い方」の記事を読んでいただければ、すぐにでも始められる。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判・取扱通貨・登録方法・使い方<徹底解説>
QUOINEX(コインエクスチェンジ)はもともとシンガポールで展開をしていた仮想通貨取引所であり、今...
bitbank(ビットバンク)の評判・取扱通貨・登録方法・使い方<徹底解説>
bitbank(ビットバンク)は、2014年にサービスを開始させており、他社と比較しても多く...
DMM Bitcoin の評判・取扱通貨・手数料・登録方法・使い方<徹底解説>
DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)は、FX会社などとしても知られるDMM ...
Zaif(ザイフ)の評判・取扱通貨・登録方法・使い方<徹底解説>
Zaif(ザイフ)は、国内の仮想通貨取引所で、最も取引量が多いと言われる3大取引所の1つだ。とにかく...
bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・取扱通貨・登録方法・使い方<徹底解説>
ビットフライヤーは、日本最大のビットコイン取引量を誇る仮想通貨取引所だ。 もちろんビッ...
GMOコインの評判・取扱通貨・手数料・登録方法・使い方<徹底解説>
GMOコインは2017年5月にオープンした仮想通貨販売所だ。 実は仮想通貨取引所とよく...
BITPoint(ビットポイント)の評判・取扱通貨・手数料・登録方法・使い方<徹底解説>
BITPoint(ビットポイント)は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所...

さいごに

国内で購入可能なアルトコインをこぞって紹介した。

通貨によってオススメの取引所も違うので、購入したい通貨によって取引所を選ぶのがベストだと言える。

また、国内で購入可能なアルトコインは今後もさらに増えていくことが予想され、それに伴い各取引所での取り扱い通貨も増えていくだろう。

基本的には、様々な通貨が上場することを想定して、国内の取引所はすべて口座開設しておくことが望ましい。