ZMP関連銘柄 上がる株 一覧【上場日時・IPO・自動運転】

投資家であれば誰しもが常に気になっているであろう IPO案件といえばやはり ZMP だろう。

ZMP は、ロボットや自動運転技術などを開発する非上場企業だ。

過去には東証マザーズへの上場が正式に承認されていながら、顧客情報が大量流出したことで新規上場を取りやめた ZMP だが、情報セキュリティ体制の改善を図り、上場の再申請をする事も公言している事からいつその時期が来てもおかしくはない。

ZMP の企業詳細

社名 株式会社ZMP(ZMP Inc.)
代表者名 谷口恒(戸籍名:谷口恵恒)
本社所在地 〒112-0002
東京都文京区小石川五丁目41番10号
住友不動産小石川ビル
事業内容 1. ADAS(先進運転支援)、自動運転技術開発用プラットフォームRoboCarシリーズ及びセンサ・システムの開発・販売
2. 移動体メーカ(自動車、商用車、建設機械、農業機械、物流搬送機器、屋外作業機械等)向け自動運転等の開発支援、実験代行業
3. 物流支援ロボットCarriRoの開発・販売
4. 大学・企業向け研究用ロボット、ロボット教材
設立 2001年1月30日
資本金 1,302,916,000円
主要取引銀行 三菱UFJ銀行 六本木支店
三井住友銀行 神田支店

パートナー

インテル 自動運転技術への支援によるパートナーシップの強化
エヌビディア 運転支援システム(ADAS)から完全自動運転システムの開発及び量産を可能にする画像処理及びAI用のGPU技術の提供
小松製作所 建設・鉱山機械の無人化・自動運転化で協業
JVCケンウッド miuro音響設計パートナー。2013年(株)カートモを共同設立
ソニー 自動運転車両用センサー・カメラの協業。エアロセンス(株)を共同設立。
Telemotive AG 各自動車メーカーの製品開発における重要なパートナー。
電通国際情報サービス 自動運転技術およびロボット技術を活用した協業
名古屋大学 当社の RoboCar® HV を 2013 年より導入し自動運転の研究を実施。2014年、公道での自動運転で連携
日清紡ホールディングス 通信技術、センシング技術の分野で協業
ハーツユナイテッドグループ 「自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集等実験代行に関する事業」を行う株式会社ZEGを設立
ライドオン・エクスプレス キャリロデリバリーの共同での実証実験

ZMP とは

同社は、2001年1月30日に設立されたベンチャー企業で、自動運転技術開発用のプラットフォーム、各種センサ・システムの開発及び販売、自動運転システム、画像認識システム、技術コンサルティングなど自動運転技術に関する開発と販売を行っている。

自動運転技術は世界各国が競いあうように開発及び実走行テストを進めており、それは日本においても例外なく、国策として自動運転車の実現を推進している。

そんな自動運転技術開発に関して、ZMP社の持つ技術は世界レベルとの定評があり、ソニー、ハーツユナイテッドグループ、JVCケンウッドといった大手企業が同社の事業に出資をしている。

MaaS開発・検証用自動運転プラットフォームを提供開始

モビリティとサービスを組み合わせたMaaS(Mobility as a Service)に、自動運転を活用したいサービス事業者等へ、サービス開発や検証にむけた自動運転システムを「自動運転プラットフォーム」として提供開始した。

これは、目的の場所へ自動運転で走行しながら、その状態を管理するシステムまで提供するというもの。

よってサービス事業者は MaaS として実施したいサービスに即したユーザアプリケーションや業務システムとの連携部分の開発に特化し、ZMP の自動運転プラットフォームとシステム連携することで全体の MaaS システムとして開発・検証することができる。

自動運転による無人タクシーが営業走行

2018年8月27日~9月8日にわたり、東京都内の公道で『日の丸交通』と『ZMP』による自動運転タクシーの実証実験が開始された。

実際に乗客を乗せておこなわれる実証実験で、これは世界で初めての試みであった。

実験中は、運転席に日の丸交通の運転手が座り、万が一に備え手動運転に切り替えるというものだ。

実験で使われる車両は、ミニバンにZMPの自動運転システムを搭載しており、2020年の無人の自動走行タクシー「自動タクシー」の実現を目指しているZMPの自信のシステムだ。

いよいよ自動運転の実現が目と鼻の先となっている。

凸版印刷と共同で無人棚卸の開発

ZMPが誇る物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を活用し、倉庫や工場内で無人での搬送を実現する取り組みを推進する一環として、凸版印刷と共同で、CarriRoとRFIDを組み合わせた無人棚卸ソリューションの開発を進めている。

本ソリューションは、路面に貼られたランドマークをCarriRoに搭載したカメラにより識別することで進行方向を定め、完全な自律走行を実現したCarriRoが、電波を外向きに照射するRFIDリーダを搭載したRFIDキットをけん引することで、CarriRoが無人走行をしながらRFIDを読み取るというもの。

このソリューションの実現で、大きな労力を要する棚卸作業のさらなる効率化、省人化が期待される。

株主とされる上場企業一覧

証券コード 企業名 シェア (%)
4310 ドリームインキュベータ
6632 JVCケンウッド
6301 コマツ
3666 テクノスジャパン
3663 アートスパーク
3132 マクニカ・富士エレ
6758 ソニー
8462 フューチャーベンチャーキャピタル
8595 ジャフコ

現時点では明確ではないが、過去の情報から株主と推測される上場企業一覧だ。

合弁会社や共同開発をおこなう企業ばかりであることからその可能性は高い。

すでに株は持っていない企業、このほかに持っている企業など、知っている方がいれば記事下のコメントにて教えていただけると幸いだ。

ZMP の新規上場について

自動運転技術の伸びしろと数多くの出資と提携が後押し

ZMP の主力製品ともいえる「RoboCar」は2020年までに完全自動運転化を目指している。

運転支援システムが「レベル4」まで達すれば完全自動運転が実用化されるとしており、現在すでに「レベル3」までクリアしていることからも、その進捗は順調だと言えるだろう。

また、そういった自動運転技術の高さゆえ、非上場企業ではあるものの数多くの企業が提携や出資を行っているといえる。

上場前でも関連銘柄への思惑買いが多くあることから、上場した際の爆発力は計り知れない。

ZMP の上場日時

残念ながらまだ上場日時は確定されていない。

しかしながら、あくまで個人的な推測ではあるが、前回の上場発表からちょうど2年後にあたる2018年末、または2019年明け、このあたりに改めて上場の再申請をおこなうのでは?とわたしは推測している。

上場を取りやめる原因にもなったセキュリティ体制の強化については、2017年9月26日に再発防止策を実施したとすでに発表されており、ここからちょうど1年が経過する今、そろそろ発表があってもおかしくはない。

2016年に上場承認された時の公募価格から考えても、時価総額はかなりの額になると思われ、上場が発表されれば、依然期待値の高いIPO案件になることは間違いない。

IPO の主幹事

2016年に上場が確定した際は、IPO主幹事はSMBC日興証券であった。

再申請の場合これも変更になる場合もあるが、このへんを念頭に入れておくといいかもしれない。

ZMP関連銘柄 一覧

ZMP関連銘柄とは、このZMP社と業務や資本の提携などで深く関わりのある企業や、同社の開発する技術によって影響を受ける銘柄を指す。

同社の自動運転技術力がもたらす事業成果は勿論だが、上場を巡る動きによっても、ZMP関連銘柄は大きく上昇が期待されている。

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
3132 マクニカ・富士エレホールディングス 外国製半導体・電子部品を主とした独立系商社。ZMPに出資。 ★★
3663 アートスパークホールディングス セルシスとエイチアイが統合したソフト開発会社。ZMPとロボット制御関連事業を共同開発。 ★★★★
3666 テクノスジャパン ERP(基幹業務システム)導入支援が主力。ビッグデータ事業に注力。ZMPと提携。 ★★★
3676 デジタルハーツホールディングス ゲームなどの不具合検出が主力。ZMPと合併会社「ZEG」を設立。 ★★★★
4310 ドリームインキュベータ ベンチャー育成、企業コンサルが主体。ZMPに出資。 ★★★
4667 アイサンテクノロジー 土木関連の測量用ソフト、測量計測機器が主力。ZMPと3Dマップを利用した公道実証実験を実施。 ★★★
6082 ライドオンエクスプレスホールディングス 宅配寿司「銀のさら」、宅配御膳「釜寅」などを展開。「銀のさら」がZMPと提携。 ★★★
6301 小松製作所 建機最大手。ZMPと資本提携。 ★★★★
6481 THK 直動システム大手。自律移動機能を持つFA用の搬送ロボットを共同開発。 ★★
6632 JVCケンウッド 車載機器が主力。ZMPと合併会社「カートモ」を設立。 ★★★★
6634 ネクスグループ 通信機器の開発・販売を手掛ける。ZMPと提携。 ★★★
6758 ソニー 世界的な電機メーカー。ZMPと合併会社「エアロセンス」を設立。 ★★★★
7991 マミヤ・オーピー パチンコ周辺機器が主力。ZMPとGPS自律移動ロボ「I-GINS」を共同開発 ★★
8154 加賀電子 独立系の電子部品商社。ZMPに出資。 ★★
8462 フューチャーベンチャーキャピタル 独立系ベンチャーキャピタル。ZMPに出資。 ★★★★★
8595 ジャフコ ベンチャーキャピタル大手。ZMPに出資。 ★★★★
9908 日本電計 電子計測器の専門商社。ZMPと販売提携を締結。 ★★★

ZMP関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

注目すべき ZMP関連銘柄

<8462>フューチャーベンチャーキャピタル

FVCの株価

市場名 東証JASDAQスタンダード
業種 証券業
上場年月日 2001年10月10日
単元 100株
比較されやすい銘柄 アジア投資、JAFCO、アジア開発
株主優待 なし

フューチャーベンチャーキャピタルは独立系のベンチャーキャピタルだ。

ZMPに投資を行っていることからZMP関連銘柄として挙げられる。

過去にもこれまでに、ZMP再上場への思惑の高まりや、情報漏えいの再発防止となるセキュリティ策を実施したとの報道で株価急伸を見せている。

今後も関連銘柄として物色が向かうとともに、ZMP上場の際は大きなふり幅での値上がりが期待できるだろう。

<3676>デジタルハーツホールディングス

デジタルハーツホールディングスの株価

市場名 東証1部
業種 情報・通信
上場年月日 2013年10月1日
単元 100株
比較されやすい銘柄 ポールHD、コナミHD、イーガーディ
株主優待 おこめギフト券

デジタルハーツホールディングスは、ゲームなどの不具合検出を主力とした企業だ。

ZMPと合弁会社ZEGを設立し、自動車のデバッグ及びデータ収集などの実験代行に関する事業を共同で行っている事から関連銘柄として挙げられる。

これまでも下落基調だった株価をZMPの材料を機に好転させるなど、関連銘柄としての存在感は大きい。

ZMPのロボット開発技術と同社の強みである「ユーザーデバッグサービス」を相互活用し、今後もさらなる自動運転業界への飛躍が期待できる。

<6632>JVCケンウッド

JVCケンウッドの株価

市場名 東証1部
業種 電気機器
上場年月日 2008年10月1日
単元 100株
比較されやすい銘柄 クラリオン、東芝、パイオニア
株主優待 なし

カーナビやカーオーディオなど車載機器が主力のJVCケンウッド。

ZMPとの合弁会社「カートモ」を設立していることで関連銘柄として挙げられる。

また、ZMP社の第三者割り当て増資引き受けによって、ZMPへ1億円を出資している。

ZMP関連銘柄としては有名であり、材料が発表された場合真っ先に動意づくほど関連性は高い。

<6301>小松製作所

小松製作所の株価

市場名 東証1部
業種 機械
上場年月日 1949年5月
単元 100株
比較されやすい銘柄 日立建機、クボタ、三菱重
株主優待 自社製品のオリジナルミニチュア

建設機械で世界2位のコマツ。

ZMP社へ推定2億円の出資を行っていることから関連銘柄として挙げられる。

また、ZMPとは建設・鉱山機械の無人化・自動運転化で協業するパートナー企業であり、資本提携していることからもその関係性は強い。

ZMP関連では常に注目しておきたい銘柄だ。

<6758>ソニー

パナソニックの株価

市場名 東証1部、名証1部
業種 電気機器
上場年月日 1949年5月
単元 100株
比較されやすい銘柄 ソニー、シャープ、日立
株主優待 なし

誰もが知る世界的な電機メーカーであるソニー。

同社は、合弁会社「エアロセンス」を設立しており、こちらも関連銘柄として挙げられる。

このエアロセンス社は、ドローンなどの自立型無人型航空機による画像撮影のほか、クラウドによる画像データの処理を含んだソリューションの開発及び提供を行っている。

自動運転に注目が集まっているが、ドローンも強い注目を集めているテーマであり、今後の躍進には期待が持てるのではないだろか。

なお、ZMP社へ1億円の出資も行っており、その関連性の深さから注視しておきたい銘柄だ。

ZMP関連銘柄 まとめ

今後の成長市場として大きく期待されている自動運転技術なだけに、その技術開発用プラットフォームを提供するZMPへの注目は大きくなっている。

毎年「ZMPフォーラム」も開催され、そのたびに新たなものを発表している点でも、開発技術の進歩はまだまだとどまるところを知らない。

いずれは新規上場がなされれば、これ以上ないほど大型のIPO案件になる事は間違いなく、その時を待ちわびている投資家も多い。

しかしながら、IPOの抽選は熾烈化を極める事が予想できる事からも、関連銘柄をしっかりと確保し、そういったところで利益は着実にあげておきたいところだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

コメント

  1. 匿名 より:

    ZMP上場するの?
    ZMP上場したら確実に上がる関連銘柄結構あるからなー