世界初、手数料ゼロの分散型取引所StellarXが開設 ~仮想通貨ニュース<2018年10月2日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年10月2日>

世界初、手数料ゼロの分散型取引所StellarXが開設

Stellar(ステラ)をベースにして構築された分散型取引所StellarXが新たに開設されたことが分かった。

StellarXはStellarのネイティブトークンである仮想通貨XLMを独自トークンとして利用できる。

また大きな特徴として、分散型取引所として世界で初めて手数料ゼロで取引ができる点が挙げられる。

ほとんどの分散型取引所は手数料が高い点が欠点として挙げられるが、StellarXはネイティブトークンのXLMを利用し、他の通貨と交換できる独自システムの構築によってゼロコストでの取引が可能になった。

加えて、StellarXは、イーサリアムやネオで発行されたトークンも取り扱えるため、取り扱い通貨やユーザーの裾野も他の分散型取引所と比べ大きくなっている。

加えて、流通量が増えることで、XLMの価値向上も期待できる。

リップル社主催のカンファレンスでxRapidの商用化などを発表

リップル社主催のカンファレンスであるSwellでxRapidが商用化したことが発表された。

すでに、CuallixやMercuryFX、Catalyst Corporate Federal Credit Unionの3社が導入しているようだ。

CuallixとMercuryFXはいずれも国際送金を手掛ける企業である。

Catalyst Corporate Federal Credit Unionは、アメリカを中心に1400以上の信用協同組合へ様々な金融サービスを提供する企業だ。

また、同じイベント内ではリップル技術を利用した国際決済サプリである「One Pay FX」の発表も行われ、スペイン、イギリス、ブラジルとポーランドの4カ国で公開されることが明らかになった。

このカンファレンスの実施にあたりXRPの価格が大きく上昇しており、期待の高さが改めて証明された。

bitFlyerが新体制に移行し、ガバナンス体制の強化へ

仮想通貨取引所であるbitFlyerはbitFlyer Holdingsを設立し、完全子会社となるよう株式移転を実施したことを明らかにした。

国内で最大級の取引規模とセキュリティを持つ取引所だが、2018年6月に金融庁から内部管理体制や監査等委員会、取締役会による牽制機能の未整備といった業務改善命令を受けていた。

新規ユーザーのアカウント登録を一時的に停止するなどといった措置をとっている。

今回の株式移転と同時に新体制の発表を行われ、bitFlyer Holdingsの代表取締役にはbitflyer代表取締役の加納裕三氏が就任した。

これまで加納氏が務めていたbitFlyerの代表取締役には三井住友銀行出身で、セディナの常務執行役員を経験した後、2018年8月からbitFlyerの顧問を務めていた鈴木信義氏が就いた。

今回のホールディングス化は業務執行と監督を分けることで、ガバナンスとコンプライアンス体制の強化を目指したものだ。

bitFlyerが新体制のもとでどのような事業展開を行なっていくのかに注目が集まっている。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ