本日のストップ高銘柄<2018年10月12日>

本日<2018年10月12日>ストップ高であった銘柄は以下。

コード 市場 名称 前日比 高値
2157 東証1部 コシダカホールディングス 25.21% 300 1,490
2656 東証JQS ベクター 18.78% 80 506
3356 東証JQS テリロジー 23.35% 300 1,585
4398 東証JQS ブロードバンドセキュリティ 14.45% 428 3,465
5271 東証2部 トーヨーアサノ 17.16% 700 4,780
6033 マザーズ エクストリーム 14.88% 1,000 7,720
6046 マザーズ リンクバル 15.11% 705 5,370
6147 東証JQS ヤマザキ 5.79% 26 529
9820 東証JQS エムティジェネックス 19.23% 5,000 31,000
9909 東証JQS 愛光電気 17.72% 700 4,650

本日は注目すべき銘柄が多いのでひとつずつ紹介していこう。

まずは、エクストリーム。

2018年話題の銘柄として一躍有名になった銘柄だが、ここへきてまた急反発。昨日の時点では、一目均衡表的に強い下降トレンドに入ったように見えたがなんのその。

話題の銘柄はいつ反発してもおかしくないのがよくわかる。

それと同様で、エムティジェネックスも今年話題のテンバガー銘柄。

こちらも材料はなくとも今は乱高下する銘柄だ。こういう銘柄はエクストリーム同様、テクニカルの要素が大事となってくる。長期保有でない場合は、そのへんを見極めてうまく投資したい。

そして最後に、愛光電気とテリロジーだ。

愛光電気は昨日も紹介したが、これで3日間連続のストップ高。テリロジーを4.08%買増し 保有割合10.53%になったという大幅買い増しの情報で、さらに火が付いたわけだが、そのテリロジーもシナジーで騰がっている。本日も山田亨氏の保有報告から相場が動いていると言ったところ。テリロジーに関してはしばらく半年ほどは保有しておきたいところだろう。

ここで少し話が戻るが、先ほど紹介したエムティジェネックス。実は、これも山田亨氏の保有報告からの高騰である。また、<5271>トーヨーアサノ にいたっても。山田亨氏が大株主という思惑買いによるもので、なんと本日のストップ高10銘柄のうち、4銘柄が山田亨氏に関係しているというまれに見る相場だ。

来週もそういった宝探し的な銘柄が、ふわっとストップ高になる可能性は高い。

本日の東京株式市場

本日の東京株式市場は、日経平均株価は前日比103.80円高の22,694.66円(出来高概算16億8800万株)と2営業日ぶりに反発。日銀ETF買い期待なども支えとなり、日経平均は反発して終えている。

一部引用:株エヴァンジェリスト

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ