がん免疫療法関連銘柄【ノーベル賞2018・本庶佑・オプジーボ】

がん免疫療法関連銘柄

がん免疫療法は、抗がん剤など従来の治療法では治癒が難しかったがんにも効果を発揮する場合がある。

費用が高額な点が課題だが、がんという命にかかわる病気を治療できることから、高い関心が向けられている。

本庶佑氏が2018年ノーベル医学・生理学賞を受賞したことでがん免疫療法に対する関心は高まっており、今後も関連銘柄への資金流入が期待される。

がん免疫療法に注目

がん免疫療法とは

がん免疫療法は、人間が持っている免疫の力を活用してがんを治療するという画期的な方法だ。

抗がん剤など従来のがん治療と組み合わせて行うことも可能であり、一定の免疫力を維持した状態のがん患者を中心に効果が期待されている。

すでにがん免疫治療薬「オプジーボ」が一定の成果を上げるなど、がん免疫療法は患者の支えになっている。

今後は対象となるがんの種類が広がったり、需要拡大に伴って薬価が引き下げられたりすることで、がんにより死に至るリスクが抑えられることが期待される。

がん免疫療法の研究開発状況

がん免疫療法の研究・開発は着実に進められてきており、すでにオプジーボの使用でがん治療に成功した患者が出るなど成果も見られている。

一方、がん免疫治療によりすべてのがんを治療できるわけではなく、治療にかかる費用が高額である点も懸念材料だ。

現在はがん免疫療法の効果を高める研究が進められている。

また、本庶佑氏がノーベル医学・生理学賞を受賞したことでがん免疫療法の研究・開発に投じられる資金は増えると考えられており、新たながん治療薬が生まれる可能性もある。

がん免疫療法に関する最新ニュース

本庶佑氏が2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞

2018年のノーベル医学・生理学賞に、日本人の本庶佑氏が選ばれた。

受賞理由に挙げられているのはがん免疫療法の研究成果だ。

ノーベル賞の受賞研究には高い関心が集まることから、毎年、受賞者が発表される前の段階からノーベル賞関連銘柄が賑わい始める。

今年は多分野のノーベル賞で日本人受賞が見られなかったことから、医学・生理学賞を受賞した本庶氏や、がん免疫療法に関心が集中しやすいと考えられる。

本庶氏はノーベル賞の賞金などを活用して研究基金を設立する意向を示しており、基礎研究などを通じてがん免疫療法の発展にさらなる貢献が期待される。

がん免疫療法治療薬「オプジーボ」の対象がん拡大継続へ

小野薬品工業が開発したがん治療薬「オプジーボ」は当初皮膚がんを対象としていた。
しかし、その後肺がんにも対象が拡大しており、今後も着実に対象がんが拡大することが期待される。
懸念材料である高額な薬価も着実に引き下げられてきており、さらなる需要拡大でコスト抑制が進めば批判も和らぎやすい。
また、2018年8月には武田薬品工業と小野薬品工業が協力して腎細胞がん治療に向けた取り組みを進める方針を示している。
今後もオプジーボの需要が拡大すれば、がん免疫療法の普及が後押しされるのではないか。

注目の要点をチェック!
  • ノーベル賞時期は生理学賞においてがん免疫療法に関連した人が受賞する可能性があるだけに、様々な銘柄が動意づくため、あらかじめ幅広く把握しておくことが重要。
  • 新開発された薬品などが材料になっている場合は、その後の治験や市販などといった経緯をしっかり追っておくことも重要。

がん免疫療法関連銘柄に期待

がん免疫療法関連銘柄はなぜ株価が上昇するのか?

がんは日本人の主な死因にあげられる病気だ。

がんの治療方法としては手術でがんを取り除いたり、抗がん剤を使用したりする方法がある。

しかし、治療効果にはがんの種類や進行度合いなどによって差があり、発見時にはすでに手遅れとなっているケースも見られる。

がん免疫療法では、進行がんを消す効果が見られるケースがあり、画期的な治療法と言える。

オプジーボをはじめとする高額薬も、高額療養費制度を使えば患者の自己負担は抑えられることから、がん患者からの高いニーズに期待できる。

がん免疫療法の治療薬の対象がんが増えることや、新たな治療薬が開発・承認されたことなどを受けて関連銘柄に資金が流入しやすくなる。

がん免疫療法関連銘柄が急騰!

成長著しいがん免疫療法関連銘柄の中でも、これまでに急騰した銘柄を中心に紹介していこう。

小野薬品工業がノーベル賞のシナジーで株価が大幅に上昇

小野薬品工業は、がん免疫療法関連銘柄として過去に急騰した実績を持つ。

ノーベル賞関連銘柄として、医学・生理学賞の受賞者が本庶佑氏に決まった日に向けて株価が大幅に上昇した。

8月末には2,920円だった株価は10月2日に3,430円をつけ、1か月程度で約17%の上昇となった。

本庶氏のノーベル賞受賞決定後は材料出尽くし感などから株価は調整しているが、がん治療薬「オプジーボ」の販売が今後も好調に推移すれば、薬価引き下げに苦しみながらも成長期待の資金流入の可能性は今後もある。

ブライトパス・バイオもノーベル賞で高騰!

ブライトパス・バイオ<4594>は、バイオベンチャーとしてがん治療薬開発に取り組んでいる。

本庶佑氏の2018年ノーベル医学・生理学賞受賞が報じられた直後の10月2日に株価が急騰した。

10月1日の終値が309円だったのに対して、10月2日は333円で寄り、その後337円まで上昇した。

株価急騰は短期間だったものの、がん免疫療法関連の好材料に即座に反応し得ることが確認された銘柄だ。

注目の要点をチェック!
  • がん免疫療法関連銘柄はしばらく本庶佑氏の開発した「オプジーボ」にまつわる銘柄だけだと思って良いだろう。

がん免疫療法関連銘柄一覧

チェック

がん免疫療法関連銘柄とは、がん免疫療法に携わる薬品会社、バイオベンチャー、メディカルのネットサービスを提供する企業など、がん免疫療法に関わる全ての銘柄群を指す。

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
2191 テラ がん免疫療法のノウハウ提供サービス等を手掛ける。本庶氏のノーベル賞受賞に伴う関心の高まりに期待できる。 ★★★
2370 メディネット がん免疫療法関連サービスを提供する。需要拡大で赤字脱却に繋がる可能性がある。 ★★★★
4502 武田薬品工業 巨額買収などの懸念材料はあるものの、知名度の高い製薬会社だ。がん治療に役立つ新薬の開発に意欲的。 ★★★
4523 エーザイ 大手製薬メーカー。がん治療関連ビジネスへの進出で関連銘柄入り。 ★★★
4528 小野薬品工業 製薬ビジネスに取り組む。がん治療薬「オプジーボ」の販売が業績を支える。 ★★★★★
4565 そーせいグループ バイオベンチャーの筆頭格。がん治療薬開発にも取り組む。 ★★★★★
4594 ブライトパス・バイオ 大学発のバイオベンチャー。がん治療薬開発などを実施。 ★★★★
4598 Delta-Fly Pharma 抗がん剤開発に取り組む。直近IPO銘柄としての性格も持つ。 ★★★★
4974 タカラバイオ 遺伝子治療研究などに取り組む。黒字化・配当実施済みで安心感もある。 ★★★
8473 SBIホールディングス 証券ビジネスなどを手掛ける。成長性への期待が高まりやすいバイオベンチャーも抱える。 ★★★

主ながん免疫療法関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

株師孔明注目のがん免疫療法関連銘柄

統計

これから注目のテーマ株となりうるがん免疫療法関連銘柄。

その中でもとくに注目しておきたい企業を紹介していこう。

<4528>小野薬品工業

小野薬品工業の株価

市場名 東証1部
業種 医薬品
上場年月日 1962年6月
単元 100株
比較されやすい銘柄 協和キリン 、エーザイ 、第一三共
株主優待 なし

小野薬品工業はがん治療薬「オプジーボ」で大きな利益を上げている製薬メーカーだ。

2018年ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑氏との関連が深い銘柄であり、2018年9月から10月冒頭にかけてノーベル賞関連銘柄として株価が急騰した。

オプジーボは高額な費用が医療保険制度を脅かしているとの懸念が見られることから、薬価引き下げに苦しんでいる。

今後も薬価引き下げは着実に進められるとみられるが、オプジーボの対象がん種の増加などで利益を確保していくチャンスはある。

また、本庶氏のノーベル医学・生理学賞の受賞で小野薬品工業の知名度が向上しており、今後もがん免疫療法関連銘柄の筆頭格としてテーマ性が意識されやすいと考えられる。

<4565>そーせいグループ

そーせいグループの株価

市場名 マザーズ
業種 医薬品
上場年月日 医薬品
単元 100株
比較されやすい銘柄 ジーエヌアイ 、小野薬 、ラクオリア
株主優待 なし

がん治療薬開発に取り組んでいる。

バイオベンチャーであり業績は大幅な赤字を計上するケースもあるが、成長期待の資金を取り込む余地は十分にある。

赤字銘柄が多いバイオ関連銘柄の筆頭格であり値動きが激しくなりがちなため、テーマ性が意識されれば一気に株価が急上昇することも十分あり得る。

過去には大幅な黒字を計上した期もあることから、治療薬開発に成功し業績が伸びれば成長の果実を確認した上での投資が増えることも考えられる。

<4565>そーせいグループについてのさらに詳しい情報・材料を入手したい場合はこちらのサイトがオススメ ⇒ 株エヴァンジェリスト

<4598>Delta-Fly Pharma

Delta-Fly Pharmaの株価

市場名 マザーズ
業種 医薬品
上場年月日 2018年10月12日
単元 100株
比較されやすい銘柄 シンバイオ 、ジーンテクノ 、ナノキャリア
株主優待 なし

10月12日に東証マザーズ市場に上場したバイオベンチャーだ。

初値は公募価格を下回ったものの、その後は一時公募価格を上回る値が付いた。

抗がん剤開発に取り組んでおり、がん免疫療法との併用が進むなどしてがんが直せる病気であるとのイメージが高まれば成長期待もアップする。

直近IPO銘柄であることも資金流入のチャンスを広げ得る。

本庶佑氏のノーベル賞受賞を機に、がん治療に貢献できる銘柄が幅広く物色されればターゲットとなりやすい。

注目の要点をチェック!
  • ノーベル賞を受賞した本庶佑氏の開発した「オプジーボ」の関連銘柄を追うことが今は手っ取り早くがん免疫療法関連銘柄を知る手立てだと言える

がん免疫療法関連銘柄 まとめ

がん免疫療法関連銘柄は、がん免疫療法によりがん治療に一定の成果が見られているケースがあることから成長性に期待できる。

2018年ノーベル医学・生理学賞にがん免疫療法開発に大きく貢献した本庶佑氏が選ばれたことも追い風だ。

オプジーボを製造する小野薬品工業をはじめとしたがん免疫療法関連銘柄は、今後も新たながん免疫治療薬が承認された際などにテーマ性が意識されることで資金流入に期待できる。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ