ウォレットサービスのGincoがChangellyとパートナーシップ締結 ~仮想通貨ニュース<2018年11月5日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年11月5日>

ウォレットサービスのGincoがChangellyとパートナーシップ締結

仮想通貨ウォレットを手がける株式会社Gincoが、仮想通貨の両替サービスを手がけるChangelly社とパートナーシップを締結したことが明らかになった。

このパートナーシップによって、異なるブロックチェーン間でトークンの両替が可能になり、ビットコインやリップル、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなどの仮想通貨をウォレットを使って交換することができる。

Gincoが公式に対応している仮想通貨以外にも15種類の仮想通貨もウォレットで両替が可能になる。

Changellyと連携することで、法定通貨を仲介せずに、トークン同士の交換をウォレット内で完結させることもでき、取引所への送金が必要ないため送金のコストや手間が必要ない点も魅力となる。

なお、現在この機能は海外ユーザーのみが利用できるため、国内ユーザーにはまだ提供されていない。

しかし今後、日本ユーザー向けに提供が始まる可能性もあり、仮想通貨の流動性向上に一役買うのではないかと期待されている。

英国大手のdeVereが仮想通貨ファンドを設立

イギリスの大手金融コンサルタントであるdeVereが仮想通貨ファンドを立ち上げたことが明らかになった。

イギリスに本社を置く世界的大手金融コンサルタント企業deVere Groupは、現在100億ドル以上の資産を管理、運用していると言われており、巨大な資産を保有している。

deVereは、サトシナカモトによるビットコインのホワイトペーパー公開10周年を機に、deVereデジタルアセット・ファンドを11月2日に、開始したことを公表した。

このファンドでは、さまざまな形で仮想通貨への投資が可能となり、市場のボラティリティを抑えることもできるようだ。

また、deVereデジタルアセット・ファンドは、アルゴリズム取引の方式を元に、仮想通貨取引所・OTCマーケットを通して、様々な仮想通貨が取引されるポートフォリオへ投資し、そして裁定取引(アービトラージ)の機会も活用していくのだ。

機関投資家向けの大きな動きがまた一つ公開されたことで、今後仮想通貨市場の盛り上がりに期待が寄せられる。

米国証券取引委員会がビットコインETFのレビューを11月5日に実施か

11月5日に、アメリカ証券取引委員会が検討中の9つのビットコインETFの申請についてなんらかの声明を出す可能性があることが分かった。

これは、米国証券取引委員会の公式な情報で、Direxion、GraniteShares、ProSharesによる計9つのビットコインETFのレビューが11月5日の午後に行われるようだ。

米国証券取引委員会規則431に従うと、2018年11月5日までに、いずれかの当事者または他の者が、委任された権限に基づいて行われた措置を支持する、または反対にする声明を出すことになる。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ