LINE社が仮想通貨取引所BITBOXのモバイルアプリを発表 ~仮想通貨ニュース<2018年11月7日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年11月7日>

LINE社が仮想通貨取引所BITBOXのモバイルアプリを発表

LINEが自社の仮想通貨取引所であるBITBOXをアンドロイド上で利用できるモバイルアプリケーションを公開した。

モバイルアプリを通じて、ユーザーがより安全で便利なBITBOXのサービスを利用できるように、モバイルに最適化されたサービス環境を提供するとLINEは説明している。

BITBOXのモバイルアプリは、Googleプレイストアから無料でダウンロードでき、iOS版は今後リリースする予定のようだ。

11月5日までにBITBOXモバイルアプリを通してユーザー登録や個人認証を完了したユーザーには、独自トークン「リンク(LINK)」が10リンク分が提供される。

また、11月から上場する仮想通貨を積極的に増やしていく予定だ。

今後、仮想通貨取引所のダークホースとしてどこまで躍進するかに期待が寄せられている。

テザーの時価総額ランキングが9位から10位に転落

米ドルをペッグしたステーブルコインであるUSDT(テザー)の時価総額が、これまでの9位から10位に転落したことが分かった。

USDTの時価総額は、2018年10月はじめから28億ドル水準より大幅な下落を記録し、現在17億ドル台で推移している

これは、約40%の下落だ。

この影響もあって、米ドルと1対1でペッグされているはずが、テザーの方の価値が下落し、価格が乖離し始めている。

Bitfinexやクラーケンでのテザーの価格下落が大きくなったことで、ステーブルコインとしてのテザーや発行元のテザー社の信用が低下していることが如実に現れていると言える。

10月25日には、5億USDTを焼却したと発表し、これが一部では相場操縦をしているや安値でUSDTをUSDに交換しているなどの批判が浮上している。

新興ステーブルコインの台頭が注目されている中、テザーの順位転落はこの流れを加速させるとみられている。

リップルの価格が20%以上上昇

リップル(XRP)が、Ripple社のCEOによる発言などを受け、11月6日に20%以上価格上昇している。

Ripple社CEOは「リップルは銀行決済の仮想通貨でナンバーワンになる」と発言したことで、11月5日夜から11月6日昼までに約2割の価格上昇を記録した。

リップルのプロダクトを利用した決済システムの開発が進んでいることも報道されており、マーケットから好感を持たれている。

ビットコインキャッシュがハードフォークを受けて価格上昇したが、リップルもそれに続いて上昇銘柄となっている。

リップルの根強い人気と着実な前進に期待が寄せられている。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ