ブロックチェーン関連銘柄 上がる株 一覧

仮想通貨の普及と併せて知られるようになったブロックチェーン。

このブロックチェーンの技術を用い、公共事業や医療など様々なものへすでに応用がなされている。

将来的にも不可欠な技術となっていくことから、関連銘柄はしっかりと把握しておきたい。

ブロックチェーンに注目

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、データを蓄積するための技術の名称である。

ビットコインに採用されたことで注目を集めたため、現在この技術を用いたソフトウェアやプラットフォームが盛んに開発されている。

基本的に第三者がいつでも確認できる形でデータが公開されており、透明性が高いことが特徴。

さらに、第三者がデータを改ざんすることが不可能とされている。

「改ざんが許されない」「公開された形で履歴を管理する」という特性から、金融や商品履歴の管理、医療分野といった様々な分野への応用が期待されている。

ブロックチェーンの仕組みとメリット・デメリット

ブロックチェーンは、一定時間ごとに取引履歴が「ブロック」としてまとまり、時系列に鎖状につながっていくものだ。

取引履歴が記録されたブロックチェーンは、1台のコンピュータに保存されているのではなく、複数のコンピュータに分散して保存されている。

コンピュータの提供者には、報酬が与えられるというインセンティブのシステムがある。

メリットは、サーバーに集中保管する従来の仕組みと比べて、冗長性が高いことである。

複数台のコンピュータに分散してデータが保管されているため、1台のコンピュータに不具合があったとしてもシステムは止まらない。

さらに、サーバーを守るための堅牢なセキュリティを立てる必要が無いため、企業はコストダウンを図れる。

ただし、ブロックとしてまとめるには必ず一定時間かかるため、即座にデータが反映されるわけではない。

このため、処理時間を短縮するための様々な技術が開発中である。

ブロックチェーンの利用用途と将来性

ブロックチェーンが利用される業界と利用用途についてまとめた。

業界 利用用途
食品流通 農産物・食肉などの流通履歴の管理
金融 銀行間・国際間送金のプラットフォーム
製造 サプライチェーンマネジメントシステムをブロックチェーンに置きかえ、改ざんや不正の防止・書類の管理・プロセスの自動化
医療 患者の医療情報の管理
公共事業 公共データの利活用促進、国と自治体間の手続き等

ブロックチェーンを導入するメリットは、管理コストの削減と不正の防止である。

金融や流通、製造業では、モノやお金を流通させるのに伴う書類の管理などに多大なコストがかかっている。

これを、ブロックチェーンを使ってコストを削減するとともに、不正の防止もできるとしている。

また医療や公共分野では、ブロックチェーンを使うことで病院間や自治体間で安全にデータを共有できるとしている。

ブロックチェーンは社会のあらゆる分野に活用できると言われているが、現在は具体的にどの業界のどの分野にどのように活用できるか模索している段階である。

ブロックチェーン関連銘柄に期待

ブロックチェーン関連銘柄が株式市場に与える影響

ブロックチェーン技術は、仮想通貨取引のみならず文書管理など様々な場面に応用できる。

そのため、仮想通貨価格が不安定な中でも、ブロックチェーン関連銘柄には成長性を期待した資金が入る余地がある。

ブロックチェーンを活用したシステム開発の需要増が期待されれば、システム開発ビジネスに取り組む銘柄が恩恵を受けられる。

金融など業務効率化を活発に進める業界向けのシステムに強い銘柄には特に注目したい。

ブロックチェーン関連銘柄はなぜ株価が上昇するのか?

ブロックチェーン関連銘柄は、ブロックチェーン技術の応用範囲の拡大が見込めることから株価上昇に期待できる。

ビットコインをはじめとする仮想通貨価格の影響を受けやすい仮想通貨関連銘柄と異なり、ブロックチェーン関連銘柄は人材不足を背景に業務効率化を進める企業が増えることで着実に恩恵を受けられる。

今後もデータ管理などにブロックチェーン技術を役立てる企業・機関が増えるとの報道などを受けて上昇のチャンスがある。

ブロックチェーン関連銘柄 一覧

チェック

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
2315 カイカ システム開発を実施。経営再建途上で無配も、ブロックチェーン普及に伴うシステム需要増が見込まれれば成長期待の資金流入があり得る。 ★★★★
2335 キューブシステム システム開発を手掛ける。ブロックチェーン活用に意欲的な金融向けなどに強みがある。 ★★★★
3690 ロックオン ECサイト構築などに取り組む。ブロックチェーン活用はデータ分析にも活きる可能性。 ★★★
3778 さくらインターネット データセンター事業に取り組む。ブロックチェーン活用システムのデータ処理需要を取り込むチャンス。 ★★★★
3826 システムインテグレータ ソフトウェア開発で業績好調。事業領域が限られブロックチェーン普及時に新システムを受託できれば業績への影響大か。 ★★★
3853 アステリア システム開発に取り組む。ブロックチェーンを活用したシステム開発需要が増える可能性。 ★★★★★
4333 東邦システムサイエンス ソフト開発を手掛ける。ブロックチェーンを活用したソフト需要に期待。 ★★★
4356 応用技術 ソフトウェア開発を実施。ブロックチェーンを活用した業務効率化推進が広まれば恩恵のチャンス。 ★★★
9360 鈴与シンワート システム開発を実施。割高感に乏しく開発需要増を見込んだ資金流入の余地あり。 ★★★
9613 NTTデータ 大規模システム開発を手掛ける。政府機関などでのブロックチェーン活用増に期待。 ★★★★

主なブロックチェーン関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

また、これらの関連銘柄情報をリアルタイムで詳しく知りたい場合は、下記の株情報サイトの無料情報を使うといいだろう。


株師孔明注目のブロックチェーン関連銘柄

統計

これからさらに注目のテーマ株となるであろうブロックチェーン関連銘柄。

その中でもとくに注目しておきたい企業を紹介していこう。

<3853>アステリア

アステリアの株価

市場名 東証1部
業種 情報・通信
上場年月日 2007年6月22日
単元 100株
比較されやすい銘柄 ソルクシーズ 、ISID 、ネオス
株主優待 なし

システム開発ビジネスを手がけている。

ブロックチェーン技術は仮想通貨取引のみならず、文書管理などにも活用が進められている。
今後、ブロックチェーンを活用した信頼性の高いシステム開発需要が旺盛になれば、業績の急拡大もあり得る。

ブロックチェーン技術の応用範囲がどこまで広がっていくかに注目しておくと良いだろう。

<3778>さくらインターネット

さくらインターネットの株価

市場名 東証1部
業種 情報・通信
上場年月日 2005年10月12日
単元 100株
比較されやすい銘柄 アステリア 、ASJ 、ソルクシーズ
株主優待 クオ・カード 500円分

データセンター事業に取り組んでいる。

ブロックチェーン技術を活用した新システムが普及し、処理すべきデータ量が増えれば恩恵を受けられる。

紙媒体で管理されている文書がブロックチェーン技術を活かしてデータ化されるなどの流れが強まっていけば追い風だ。

右肩上がりの売上高が、高い成長期待をどこまで追っていけるかに注目したい。

<9613>NTTデータ

NTTデータの株価

市場名 東証1部
業種 情報・通信
上場年月日 1995年4月26日
単元 100株
比較されやすい銘柄 野村総研 、伊藤忠テクノ 、ユニシス
株主優待 なし

大規模システム開発などを実施しているNTT系銘柄。

ブロックチェーン技術が政府の文書管理や金融機関のデータ処理に活用されるとなれば、システムの改修や新規開発などの需要が伸びると考えられる。

これまでの取引実績を活かして増大する市場で高いシェアを獲得できれば、ブロックチェーンの普及が大きな利益を生む可能性がある。

注目の要点をチェック!
  • ブロックチェーンを応用した製品やシステムが今後さらに普及する事から、関連銘柄も将来的にまだまだ増える事が予想される

ブロックチェーン関連銘柄 まとめ

仮想通貨のみならず、様々なものへ応用されていくブロックチェーン。

今後さらにセキュリティ面が強化されていけば、利便性の面からも今以上に画期的な使い方がなされるかもしれない。

新たな取り組みをする企業に常に目を向け、関連銘柄はしっかりと把握しておいてほしい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ