仮想通貨関連銘柄 上がる株 一覧

2017年末の仮想通貨バブル以降、2018年はこぞって色々な企業が仮想通貨事業に名乗りを上げた。

仮想通貨の相場こそ安定しないものの、仮想通貨事業はすでに事業のひとつのして確立しており、数多の関連銘柄がある。

今回はそんな仮想通貨関連銘柄を、フィンテック関連やブロックチェーン関連などと混同することなく把握しておきたい。

仮想通貨に注目

仮想通貨とは

仮想通貨とは、デジタル決済できる通貨の一種である。

紙幣や硬貨のような実体はなく、電子データをやり取りすることで支払いを行うもの。

ドルや円といった法定通貨と交換でき、実際に仮想通貨を支払いに利用できる店舗もある。

現在仮想通貨は1,600種類以上あると言われているが、世界初の仮想通貨であるビットコインが最も有名である。

仮想通貨の利用用途と将来性

仮想通貨の利用用途は大きく2種類に分かれる。

1つ目は、通貨として支払いに利用することだ。スマートフォンで決済を行うことができ、さらにどこの国でも両替することなくそのまま利用できる。

2つ目は、サービスを提供するための基盤となることだ。

仮想通貨によってその役割は異なるが、アプリケーションの役割をもち、書類を管理したり、仮想通貨と法定通貨を交換するためのソフトウェアとなったりする。

仮想通貨を支払いに利用するお店は増えているものの、モバイル決済やQRコード決済の普及も進んでいるため、今後仮想通貨決済が伸びていくかは不透明である。

サービスの基盤となる通貨については、各企業で実証実験が進んでおり、企業のシステムに利用される可能性は高いだろう。

特にリップルという仮想通貨については、銀行が利用するための送金システムを開発しており、国際間送金に伴う時間や手数料を削減できるとされ、注目が集まっている。

仮想通貨が与える経済効果とは

仮想通貨が与える経済効果で最も大きいものは、投機である。

ビットコインは2017年に約18倍に値上がりしたことで大きな話題となり、仮想通貨投資ブームが訪れた。

仮想通貨交換所には新規登録者が殺到し、ビットコインを買った人も多いだろう。

2018年11月現在の仮想通貨の市場規模は約24兆円となっており、一時期のブームは過ぎ去ったものの、経済に与えるインパクトはまだまだ大きいと言える。

今後はビットコインETFとしてシカゴ商品取引所に「金融商品として」上場することが予想されている。

金融商品に登録されることで信頼性が増し、さらに保険が適用されるため機関投資家が市場に参入すると見込まれている。

また、先述したサービスの基盤となるという役割から、「支払い」以外のさまざまな分野への応用が予想されている。

例えば、世の中のありとあらゆるものがインターネットに接続するとされるIoT分野への活用だ。

IoTでは、冷蔵庫やエアコンといった家電やモノがインターネットに接続し、相互に通信してサービスを提供する。

一斉に通信しあうと回線が詰まってしまうため、家電同士で通信を行う際には、送るデータ量を小さくする仕組みが必要だ。

この通信技術に仮想通貨の技術が使われようとしている。

このほか、ゲーム開発や国際間送金などに仮想通貨技術が使われている。

仮想通貨関連銘柄に期待

仮想通貨関連銘柄が株式市場に与える影響

仮想通貨関連銘柄は、ビットコインをはじめとする主要な仮想通貨価格に大きな影響を受ける。

株式市場が混乱する局面で、金などとあわせて仮想通貨が資金の退避先になるケースがあり、全体相場が下落する中で仮想通貨関連銘柄が逆行高となることもあり得る。

また、仮想通貨関連銘柄が上昇する際には投機的な取引への関心が高まっていることが伺え、FXビジネスを手がける銘柄などが連れ高となる可能性がある。

仮想通貨関連銘柄はなぜ株価が上昇するのか?

仮想通貨関連銘柄は、仮想通貨が手軽な決済手段として普及する可能性を秘めていることから株価上昇が期待できる。

仮想通貨といえば短期的なトレードで利益を狙う投資家も少なくないが、2018年の仮想通貨価格の動向は決して思わしくない。

しかし、すでに一部のインターネット通販サイトや家電量販店など仮想通貨決済が実現しており、今後決済手段としての地位を高めれば関連銘柄への恩恵が見込める。

仮想通貨関連銘柄 一覧

チェック

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
3048 ビックカメラ 大手家電量販店。ビットコイン決済を導入。 ★★★★
3688 VOYAGE GROUP ポイントサイト運営。仮想通貨投資の入り口としてポイントを活用する動きが出れば恩恵を受けられる。 ★★★
3691 リアルワールド ポイントサイトを運営。仮想通貨が普及すれば交換先とすることで会員増のチャンス。 ★★★
3807 フィスコ 投資情報を提供。仮想通貨関連情報の需要増に期待。 ★★★
7177 GMOフィナンシャルホールディングス FXビジネスを手がける。仮想通貨ビジネスに意欲的なGMOインターネットの子会社。 ★★★
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ メガバンクを抱える。独自仮想通貨「MUFJコイン」発行。 ★★★
8473 SBIホールディングス インターネット証券最大手。仮想通貨取引も可能。 ★★★★
8698 マネックスグループ 大手インターネット証券。コインチェック買収で仮想通貨交換業に参入。 ★★★★★
8704 トレイダーズホールディングス FX取引サービスを提供。ハイリスク取引の人気化に期待。 ★★★
9449 GMOインターネット GMOグループを束ねる。仮想通貨マイニングに取り組む。 ★★★★

主な仮想通貨関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

また、これらの関連銘柄情報をリアルタイムで詳しく知りたい場合は、下記の株情報サイトの無料情報を使うといいだろう。


株師孔明注目の仮想通貨関連銘柄

統計

これからまだまだ注目のテーマ株となっていく仮想通貨関連銘柄。

その中でもとくに注目しておきたい企業を紹介していこう。

<8698>マネックスグループ

マネックスグループの株価

市場名 東証1部
業種 証券業
上場年月日 2004年8月2日
単元 100株
比較されやすい銘柄 カブコム 、SBI 、GMO-FH
株主優待 マネックス証券において現物株式の売買手数料に対しマネックスポイント付与(1ポイント1円相当)

インターネット証券大手で、米国株取引に強みを持つ。

仮想通貨ネム流出問題で苦しむコインチェックを買収して、仮想通貨交換業に参入した。

仮想通貨交換業の集積性の高さに加えて、多様なサービスを展開するSBI証券などとの競争力を高めたことは好材料と言える。

仮想通貨価格が高騰しない局面でどの程度の利益貢献が見込めるかに注目したい。

<9449>GMOインターネット

GMOインターネットの株価

市場名 東証1部
業種 情報・通信
上場年月日 1999年8月27日
単元 100株
比較されやすい銘柄 サイバー 、Dガレージ 、パイプドHD
株主優待 (1)GMOくまポンギフト券2,000円分
(2)GMOクリック証券でのGMOインターネット株式の買付手数料相当額のキャッシュバック
(3)GMOクリック証券での売買手数料上限5,000円キャッシュバック
(4)自社グループが提供する各種サービスの利用料5,000円分

GMOグループを束ねる企業で、通信サービスなどを提供する。

親子上場しているケースも多い子会社で証券、リサーチ、決済代行など多様なビジネスを展開している。

仮想通貨のマイニング事業に取り組んでおり、仮想通貨価格が高騰すれば収益拡大に期待できる。

採掘実施対象であるビットコイン価格の動向をにらみながら投資タイミングを計りたい銘柄だ。

<3048>ビックカメラ

ビックカメラの株価

市場名 東証1部
業種 小売業
上場年月日 2006年8月10日
単元 100株
比較されやすい銘柄 エディオン 、ヤマダ電 、ケーズHD
株主優待 株主お買物優待券(1,000円券)

大手家電量販店として高い知名度を誇る。

インバウンド需要も取り込みながらの業績成長が期待される。

ビットコインを決済手段の1つとして導入しており、仮想通貨取引で大きな利益を上げた投資家などの需要を取り込むことが可能だ。

今後、投機対象ではなく決済手段として仮想通貨が普及すればさらなる追い風となる。

仮想通貨関連銘柄 まとめ

ビットコイン価格は昨年に大きく上昇した後調整する場面も見られるが、低コストの決済手段としての普及が期待されるなど将来性への評価は高い。

日本における仮想通貨取引は、交換業者の登録審査が厳しく行われていることもあり、今後も信頼性を高めると考えられる。

ビットコインをはじめとする仮想通貨が上昇する場面では、仮想通貨関連銘柄に関心が向かいやすくなるだろう。

米利上げや米中貿易摩擦などの懸念材料を抱える株式市場での投資に不安を抱える投資家が、リスク回避目的で仮想通貨取引に資金をシフトさせることもあり得る。

仮想通貨関連銘柄は、今後も大いに賑わいを見せることだろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ