OKExが新たなデリバティブ商品を発表 ~仮想通貨ニュース<2018年12月4日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年12月4日>

OKExが新たなデリバティブ商品を発表

仮想通貨取引所OKExが新しいデリバティブ商品である「Perpetual Swap」を発表し取引を開始することを明らかにした。

これは、韓国ソウルで行われたNextGen Conferenceで発表されたもので、12月11日に開始されることがアナウンスされている。

Perpetual Swapは、ロングポジションを取り、仮想通貨価格の上昇に伴って利益を得られるだけでなく、ショートポジションを取って仮想通貨価格の下落でも利益を取ることもできる先物取引と同様の取引方法だ。

この商品には、「満期日がなく、半永久的にポジションを取ることができる」「現物取引に近い価格での取引」「最大100倍までのレバレッジ取引」「毎日決済が行われ、利益を迅速に確定できる」などという特徴がある。

なお、取引手数料は取引量に応じて段階的に変動するようだ。

取り扱い通貨はビットコインが対象となっているが、今後他のアルトコインが対象となるか否かは不透明だ。

OKExは「Perpetual Swap」をリリースすることで、投資家が投資スタイルや戦略に応じて投資商品を選ぶことができるようになり、ひいてはエコシステムの発展に貢献できると考えているようだ。

今後どの程度まで投資家を取り込めるかに注目が集まっている。

KuCoinにリップルが上場、リップルの流動性向上に期待

仮想通貨取引所KuCoinにリップルが上場したことが明らかになった。

公式発表によると、XRPとの取引ペアはXRP/BTC、XRP/ETH、XRP/KCS、XRP/NEO、XRP/USDT、XRP/PAX、XRP/TUSD、XRP/USDCの8種類が用意されている。

これらの取引ペアについては入金や取引注文はすでに可能になっており、出金は12月5日から可能になる。

リップルの取引ペアが徐々に増加しており、取引量も大きくなっている。

今後リップルの流動性の向上に拍車がかかっていくことに期待が寄せられる。

GMOコインがFXサービスにおけるビットコインキャッシュの新規注文を再開

仮想通貨交換所「GMOコイン」を手がけるGMOコイン株式会社が、仮想通貨FXサービスにおけるBCH/JPYの新規注文を再開する予定について公表した。

アナウンスによると、12月4日12時に制限を停止し、新規注文を再開する予定のようだ。

ビットコインキャッシュのハードフォークによって相場が急変するリスクがあり、そのための対応のため取引を一時停止していた。

多くの主要な仮想通貨取引所が、ビットコインキャッシュのハードフォークへの対応に追われていたが、現在ようやく落ち着きを見せはじめている。

ビットコインキャッシュのフォーク通貨のハッシュ戦争も一応の決着を見せつつあり、今後安定化に期待が寄せられている。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ