テックビューロ社がCOMSA COREのテストネットを公開 ~仮想通貨ニュース<2018年12月19日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年12月19日>

テックビューロ社がCOMSA COREのテストネットを公開

テックビューロホールディングスが、同社が開発しているICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア「COMSA CORE」のテストネットを公開した。

「COMSA CORE」は、異なるブロックチェーン間で発行トークンのペッグおよび制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールするソフトウェアである。

テストネットでは、イーサリアムのブロックチェーンとNEMのブロックチェーンをまたがる形で異なるプラットフォーム間でのトークン変換を行える。

具体的には、イーサリアムのRinkebyテストネット上とNEMのテストネットとの間で、1対1の割合でCMSのテストトークンを変換し、異なるブロックチェーンの性質の違いを意識せずとも利用できる。

加えて、COMSA COREを活用することで、ICOの際にイーサリアムブロックチェーンとNEMブロックチェーンのいずれのプラットフォームで発行されたトークンでも同じ要領で取り扱うことができるようになる。

これによって、企業などがトークンを発行し流通させる際に、複数のブロックチェーンが利用でき、流動性を高めることができるようだ。

Zaifを手放したテックビューロ社ではあるものの、順調に開発を進めているようで期待が高まっている。

LINEがセキュリティ強化を目指し韓国企業と資本業務提携を締結

LINE株式会社は、セキュリティのさらなる強化を目的に、子会社のLINE Plus株式会社を通じて、グローバル情報セキュリティ会社「GrayHash」と資本業務提携を締結したことを明らかにした。

GrayHashは、韓国を拠点にしている企業で「攻撃型リサーチ(Offensive Research)」とハッキング対策技術を専門に扱っている。

加えて、国内外の企業向けにセキュリティ関連のコンサルティング事業も行っている。

この子会社化によって、GrayHashはGrayLabに名称変更し、今後、メッセンジャーやフィンテック、AI、ブロックチェーン、仮想通貨交換所といった各種LINEサービス向けのセキュリティソリューションの開発、最適化を行っていくようだ。

仮想通貨取引所もグループに抱えているLINEだが、今後セキュリティの強化にも取り組み利便性と安全性を高めていく構えのようだ。

仮想通貨取引所Liquid by QUOINEがプロ版アプリのサービスを終了

仮想通貨取引所Liquid by QUOINEは、同社が提供していたQUOINEXプロ版アプリのサービス提供の終了をアナウンスした。

あらかじめサポート終了についてのアナウンスが出されており、12月上旬に実施されたアップデートによってサービス提供が終了した。

仮想通貨取引所として、ユーザーが利用できるのは、スマートフォンユーザー向けのLiquidライト版アプリ、PCユーザー向けのLiquidブラウザ版のみになる。

Liquidは今後、サービス全体を最適化するために、各種サービスの終了やメンテナンスを積極的に行っている。

今後利便性の向上に期待が寄せられている。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ