Bitfinexがテザーの米ドル建て信用取引を開始へ ~仮想通貨ニュース<2018年12月23日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年12月23日>

Bitfinexがテザーの米ドル建て信用取引を開始へ

仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、ステーブルコインのUSDT(テザー)との米ドル建て信用取引を始めることをアナウンスした。

ビットフィネックスは、これまでにもUSDC、PAX、TUSD、DAI、USDT、GUSDといったステーブルコインを取り扱っていた。

現段階では、信用取引に関してはUSD/USDTのみを扱っているが、今後は他の6つのステーブルコインについても、十分な流動性に達し次第、信用取引を開始する予定であることを公表している。

一部の有識者によると、テザーの米ドル建て信用取引によって、レバレッジ取引が可能となり、アービトラージ取引が促進されるだろうとみられている。

これにより、現在の米ドルとテザーの価格の乖離を解消させることができるのではないかとみられている。

テザーが担保にしている米ドルが確保されていないのではないかという疑惑に対して、明確な答えは出ていないものの、渦中にあるビットフィネックスが信用取引を開始したことで、今後新たな展開があるのではないかと期待されている。

SBI バーチャル・カレンシーズ株式会社が出金用ハードウォレット配布などを公表

SBI バーチャル・カレンシーズ株式会社が、約半日のメンテナンスを実施し、出金用ハードウォレットの配布を始めることなどを発表した。

同社の公式プレスリリースで、仮想通貨の受取・送付サービスに関する複数の案内が発表された。

具体的には、仮想通貨の受取サービスの提供や出金可能通貨はXRP、BTC、ETHであること、出金サービスの提供、出金サービスを指定のハードウェアウォレットに係るアドレスに限定することなどがアナウンスされた。

指定されたハードウェアウォレットは登録している住所に送付され、2019年1月下旬以降準備が完了し次第開始されるようだ。

特に、仮想通貨取引所が指定したハードウェアウォレットを送付するのは、日本の取引所として初めてのことだ。

仮想通貨取引所の安全性が叫ばれる中、このような取り組みが他に波及していくことが期待されている。

BitMEXが株式会社BITOCEANの株式取得を計画か

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)が、その親会社を通して株式会社BITOCEAN(ビットオーシャン)の株式取得に動いていることが分かった。

ビットメックスは、レバレッジ取引に力を入れている仮想通貨取引所であり、高い倍率をかけられることで定評がある。

また、ビットオーシャンは、金融庁に認可されている仮想通貨交換業者だが、一般ユーザー向けのサービスはこれまで展開していない。

今回の株式取得が成功すれば、ビットメックスの日本進出が本格的に行われる可能性が非常に高くなると期待されている。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ