引っ越し関連銘柄 上がる株 一覧

社会的に節目の4月を間近に控え、引っ越しをする人も多い事だろう。

もちろん4月という節目は株の世界でも大きな意味をもつ。

そこで今回は引っ越し関連銘柄として期待されている銘柄を紹介していこう。

引っ越し需要に注目

引っ越し需要が高まる背景

日本では4月からを新年度とする組織が多いため、3月~4月にかけては引っ越し需要が高まりやすい。
有効求人倍率が高い中で都市部での就職に成功した地方出身者も少なくないと見られることや、転職市場も活発であることから年度替わりの引っ越しニーズは高いと考えられる。
また、賃貸大手のレオパレスの多数物件にて不正が発覚し、引っ越しを余儀なくされる層が多く発生していることから2019年春シーズンには引っ越し需要が通常以上に高まると考えられる。
引っ越し業界では人材不足が特に深刻だが、同様に人材不足が深刻な宅配便業界で値上げが浸透していることもあって価格を調整して採算を確保する取り組みに対しても一定の理解を得やすい環境とみられ、引っ越し関連銘柄の中でも需要増を収益拡大につなげやすい銘柄に注目したい。

引っ越し関連銘柄に注目

引っ越し関連銘柄が株価を上げる仕組み

引っ越し関連銘柄のうち、引っ越しを直接手掛ける銘柄は年度替わりの転勤・進学シーズンに需要が高まることが注目度アップにつながる。
引っ越し時には一部の荷物を宅配便サービスで送るケースもあり、宅配便事業を手掛ける銘柄にも要注目だ。
不用品の処分に役立つフリーマーケットアプリ運営企業や、新生活で使用する家電製品の購入場所となりうる家電量販店、引っ越し時に梱包用として使われる段ボールメーカーなどにも追い風が吹く。
加えて、2019年春の転居シーズンにはレオパレス不正に伴い賃貸物件居住者の転居が活発化すると予想され、賃貸仲介サービスを手掛ける銘柄も引っ越し関連として注目されやすいと考えられる。
転居が集中するシーズンの到来に加えて、レオパレス不正に伴い転居ニーズがどこまで高まるかが引っ越し関連銘柄の注目度を左右するだろう。

過去に引っ越し関連銘柄として動意づいた銘柄

<9039>サカイ引越センターは2018年引っ越しシーズン前後に4割近い上昇

<9039>サカイ引越センターは国内引っ越し大手であり、3月~4月の引っ越しシーズン前後に注目を集めやすい。

2018年の引っ越しシーズン前後には2月16日週の安値4,680円から5月25日週の高値6,500円へと4割近い上昇を見せた。

引っ越しシーズンに大手の知名度とノウハウ、人材確保力を活かしてフル稼働できれば収益が押し上げられて中長期的な株価上昇につながることもあり得る。

引っ越し関連銘柄 一覧

チェック

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
3941 レンゴー 段ボール製造に取り組む。引っ越し時の段ボール需要増に期待。 ★★★★
3953 大村紙業 段ボールメーカー。インターネット通販増に加えて引っ越し用段ボール需要も追い風に。 ★★★★
4385 メルカリ フリーマーケットアプリを運営。引っ越し需要が高まれば不用品販売増に期待。 ★★★
6178 日本郵政 傘下に日本郵便を抱える。郵便値上げに加えて宅配便サービスの更なる収益拡大に期待。 ★★★
8889 APAMAN 賃貸仲介サービスを手掛ける。レオパレス不正に伴う転居ニーズを取り込みたい。 ★★★★
9039 サカイ引越センター 引っ越し大手。年度替わりには人材不足が特に深刻化するが、引っ越し時期の分散化を促すなどの取り組みで収益につなげるチャンス。 ★★★★★
9062 日本通運 陸運大手。引っ越しビジネスも手掛けており大手の処理能力超で顧客流入に期待。 ★★★★
9064 ヤマトホールディングス 宅配便大手。法人向け引っ越しの料金請求不正があったものの宅配値上げ浸透などで改善傾向の業績を、引っ越し時の宅配便需要がさらに後押しできるか。 ★★★★
9143 SGホールディングス 宅配便大手。業界の値上げ浸透で人材確保を進めやすくなり引っ越し時の物流需要への対応力拡大にも期待。 ★★★
9831 ヤマダ電機 家電量販店大手。新生活に向けて家電製品を購入する層が増加すれば追い風。 ★★★

主な引っ越し関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

株師孔明注目の引っ越し関連銘柄

<9039>サカイ引越センター

サカイ引越センターの株価

引っ越し大手。
大手の知名度を活かして引っ越し需要の高まりを取り込みやすく、業績は好調だ。
引っ越し業界では人材不足が深刻だが、ここでも知名度を活かして優秀な人材を比較的確保しやすいほか、宅配便値上げが浸透しているため引っ越しも価格を調整して採算を維持するハードルが下がっていると考えられる。
レオパレス不正問題を受けて短期間に多くの引っ越し需要が発生すれば、効率よく引っ越し需要を捌く大手のノウハウを活かして業績を伸ばすチャンスとなる。

<3953>大村紙業

大村紙業の株価

段ボール製品メーカー。
引っ越し時には荷物を段ボールに入れて発送するケースも多く、引っ越し需要が増えれば段ボール製品の売上増につながる。
事業領域が限られているため、段ボール関連銘柄が賑わえば株価の急騰チャンスが大きい。
引っ越し関連の段ボール需要に加えて、インターネット通販の伸長という中長期的な要因も追い風だ。
多品種生産で付加価値を多く確保するなどして、売上高の伸びを増益につなげられるかに注目したい。

引っ越し関連銘柄 まとめ

引っ越し関連銘柄は、転勤等に伴う引っ越しニーズが多い年度替わりの時期に注目度が高まる。

レオパレス不正問題を受けて例年以上に2019年春シーズンの引っ越し需要が高まることも考えられ、引っ越しを担う銘柄のほか、段ボール銘柄や宅配便銘柄にも要注目だ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ