【孔明Check!】先週の仮想通貨ニュース振り返り(2019年3月11日~3月17日)

2019年3月11日~3月17日の仮想通貨における主要ニュースと通貨の値動きを振り返ってみよう。

2019年3月11日~3月17日の仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所CoinbaseにStellar(XLM)が上場

3月13日、米大手取引所Coinbase ProにStellar(XLM)が上場した。このニュースを受けて、Stellarは+10%の急上昇を見せた。

Coinbase ProにおけるStellar(XLM)の取扱通貨ペアは次のとおり。

・XLM/USD
・XLM/EUR
・XLM/BTC

Coinbaseは2018年12月に、自社の基準を満たす仮想通貨の上場を検討していると発表しており、具体的な通貨名を45個挙げていた。挙げられた通貨の中には、Stellar(XLM)や、2月に上場したリップル(XRP)が含まれている。

仮想通貨が「暗号資産」へ、閣議決定

3月15日、日本政府は金融商品取引法と資金決済法の改正を閣議決定した。仮想通貨取引における規制が強化される。この法改正は、2020年6月頃に施工する見通しだ。

具体的な内容は次のとおり。
・仮想通貨の呼び名を「暗号資産」とする
・仮想通貨取引所は、仮想通貨が流出したときの弁済に当てる「原資」をもつ
・投機を助長する広告や勧誘を禁じる

これらの法律が施工されることで、仮想通貨市場はさらに健全化され、仮想通貨の取引量が増えることが期待されている。

Binanceの公式ウォレットにてクレジットカード購入が可能に、XRPにも対応

3月13日、海外の大手取引所Binanceは、公式ウォレット「Trust Wallet」において新機能の追加を発表した。具体的な内容は次のとおり。

・クレジットカード払いで仮想通貨の購入が可能になった
・Trust Walletのサポート通貨にリップル(XRP)が加わった

なお、クレジットカードを使った購入ができる通貨は、次の5種類である。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

Binanceでは、2019年1月に、仮想通貨取引所において一部の仮想通貨をクレジット購入可能にしている。これらのことから、ユーザーがより購入しやすい体制を整えていることがわかる。

個別通貨の動き

主要通貨の値動きを見てみよう。

3月11日始値 3月17日終値 増減率
ビットコイン ¥439,656 ¥449,014 102%
イーサリム ¥15,218 ¥15,867 104%
リップル ¥34.8 ¥35.4 102%
ビットコインキャッシュ ¥14,774 ¥17,411 118%

ビットコインキャッシュが+18%と躍進した。そのほかの3通貨は2~4%微増している。

主要通貨以外の価格が上昇した通貨は次の3つをピックアップした。

3月4日始値 3月10日終値 増減率
Stellar (XLM) ¥11.1 ¥12.2 114%
LISK(LSK) ¥142 ¥173 125%
Qtum(QTUM) ¥240 ¥281 107%

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、3月15~16日にかけて+4%の急騰を見せた。これまでなら急騰後にすぐに価格調整が入るが、3月18日現在も高い価格を維持している。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインと同じような形状のチャートとなった。イーサリアムに関するニュースは特になかった。

リップル(XRP)

3月13日、Binanceの公式ウォレットに、リップルが追加されることが発表された。同日XRPは+4%の急騰を見せている。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュはビットコインと同じ形状のチャートとなっているが、ビットコインよりも動きの幅が大きい。なお、ビットコインキャッシュに関するニュースは特になかった。

今回は、全体的にビットコインよりもアルトコインのほうが値動きが大きかったといえる。

Stellar (XLM)

Stellarは、米仮想通貨取引所Coinbaseに上場することが発表され、14日に3月最高値の12.3円をマークした。2019年5月には、リブランディングすることを発表している。

リスク(LSK)

3月14日、リスクは公式ブログを更新し、Lisk Coreの新バージョン1.6.0が開発最終段階にあることを発表した。

そして14日~15日にかけて、Liskは+22%の上昇を見せた。

Qtum(QTUM)

3月14日、Qtumは、モバイル決済アプリZeuxにおいて、決済通貨として採用されることを発表した。このニュースを受けて、Qtumは+38%の高値を記録した。

Zeuxアプリは、法定通貨と仮想通貨を両方管理できる上、Apple payやGoogle Pay、SAMSUNG payなどでも利用できるとしている。Zeuxアプリは4月にローンチされ、ヨーロッパで利用可能になる予定だ。

今週の展望

今週は、仮想通貨において予定されているアップデートは特にない。

まとめ

2月初旬から3月にかけて、仮想通貨の価格上昇が続いている。

ビットコインの取引高の推移を見ていただきたい。

週 1週間の取引高 ① に対する割合
2月17日~23日 60,098,641,418ドル・・・① –
2月24日~3月3日 56,444,684,748ドル 94%
3月4日~10日 69,110,769,320ドル 115%
3月11日~17日 67,357,766,371ドル 119%
※データはCoinMarketCap (https://coinmarketcap.com/)から取得

ご覧のとおり、2月17日の週と比べて、約20%取引高が上昇していることがわかる。

仮想通貨取引市場は、多くのトレーダーの信頼性を取り戻しているといえるだろう。このまま取引高が増え続ければ、さらなる価格の上昇が期待できるはずだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ