【孔明Check!】先週の仮想通貨ニュース振り返り(2019年3月25日~3月31日)

2019年3月25日~3月31日の仮想通貨における主要ニュースと通貨の値動きを振り返ろう。

2019年3月25日~3月31日の仮想通貨ニュース

楽天とディーカレット、新たに仮想通貨交換業者に登録される

3月25日、金融庁は楽天ウォレット株式会社と株式会社ディーカレットを、新たに仮想通貨交換業者登録したことを発表した。2019年の仮想通貨交換業者登録は、コインチェックに続く2例目となる。

楽天ウォレット株式会社は、みなし業者だった「みんなのビットコイン」の事業を引き継いでいる。みんなのビットコインは3月31日で一旦サービスを終了しており、新サービスの口座開設受付を4月15日から開始する予定だ。

株式会社ディーカレットは、東証一部上場企業のインターネットイニシアティブや国内大手企業18社が株主となっている企業だ。インターネットイニシアティブは、格安スマホIIJmio (アイアイジェイ・ミオ) やインターネット接続サービス、クラウド事業などを展開している。こちらは、4月16日から現物取引サービスを開始する予定だ。

新たに仮想通貨交換事業者が増えたことは、仮想通貨市場にとって良い変化をもたらすだろう。

ディーカレット、Suicaを仮想通貨でチャージすることを検討

3月27日、新たに仮想通貨事業者登録された株式会社ディーカレットは、事業説明会において、Suicaを「仮想通貨でチャージする」仕組みを検討していると発表した。株式会社ディーカレットに出資する国内大手の事業者19社の中には、Suicaを発行するJR東日本が含まれている。

Suicaは、交通系の乗車券となったり、電子決済を行えたりするICカードだが、チャージするには現金が必要だった。現金以外に仮想通貨でチャージできるよう選択肢を増やし、外国人観光客や年齢層の若い顧客のニーズを満たしたいとしている。

Yahoo出資のTaoTao、口座登録開始

3月25日、ビットアルゴ取引所東京から社名変更したTaoTao株式会社は、仮想通貨取引の新規口座受付を開始した。5月中旬にはサービスを開始するとしている。

TaoTaoは、2018年4月に、Yahoo子会社のZコーポレーションに対し約40%の株式を受け渡している。つまり、Yahooの資本が大きく入っている企業である。

インターネット企業大手のYahooが仮想通貨事業に本格参戦することで注目が集まっている。

個別通貨の動き

主要通貨の値動きを見てみよう。

3月25日始値 3月31日終値 増減率
ビットコイン ¥442,531 ¥455,658 103%
イーサリアム ¥15,075 ¥15,706 104%
リップル ¥34.0 ¥34.3 101%
ビットコインキャッシュ ¥18,267 ¥18,751 103%

主要4通貨は、+1~4%と微増している。

主要通貨以外で、価格が大きく上昇した通貨は次の3つである。

3月25日始値 3月31日終値 増減率
ダッシュ (Dash) ¥10,199 ¥12,006 118%
Tezos (XTZ) ¥74 ¥118 159%
TTC Protocol (TTC) ¥8.6 ¥23.6 275%

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、ほぼ横ばいの値動きとなった。30日に+5%の急騰を見せたものの、すぐに価格を戻している。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインと同じ形状のチャートとなっている。

リップル(XRP)

リップルについてもビットコインと同様の値動きとなっている。リップルについてのニュースは特になかった。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュについてのニュースは特になかった。ビットコインと同様の値動きとなっている。

ダッシュ (Dash)

Dashは、さまざまな開発の進捗が公開されたことで、価格が上昇している。

3月27日、AirBNBのギフトカードの支払いにDashを使えるようになった。これは、暗号通貨支払いでeギフトカードを発行するプラットフォーム「Bitrefill」を通じて対応可能になったものだ。

3月28日にDash Core v0.14.0がテストネットにリリースされた。さらに、ハイパーインフレが問題となっている南米のベネズエラにおいて、Dashが支払い通貨として利用できるようになった。これは、暗号通貨決済を提供するCryptbuyer社とベネズエラ小売大手Trakiとの提携で実現した。

Tezos (XTZ)

3月29日、米大手取引所Coinbaseは、カストディ部門にTezosを採用することを発表した。

カストディとは、通貨の配当を受け取るための技術的な業務を代行する部門だ。保有数に応じて配当を受け取れる通貨があるものの、ユーザーはノードと呼ばれるソフトウェアを実行するなど技術的なプロセスが必要だった。機関投資家は、Coinbaseのカストディ部門に通貨を預けるだけで配当を受け取れるようになる。

このカストデイに対応する通貨として、最初にTezosが選ばれている。

TTC Protocol (TTC)

TTC Protocolは、3月31日にメインネットの立ち上げを発表し、価格が大きく上昇している。

今週の展望

4月1日、Wavesトークン保有者がVostokトークン(VST)をエアドロップで受け取るためのスナップショットが撮影される。Vostokトークン(VST)は、Wavesプラットフォームと連動する、プライベートチェーン「Vostokネットワーク」で活用できるトークンだ。

まとめ

新たな仮想通貨交換所が金融庁から正式に認可を受けた。

これは、仮想通貨についてさまざまなサービスが開始されるきっかけとなり、凝り固まった仮想通貨市場に風穴を開ける可能性がある。

今回認可された2社以外にも、様々な企業が仮想通貨交換業の認可を待っているとされている。今後も企業の認可が続くと、仮想通貨市場はより活性化されるはずだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ