【孔明Check!】先週の仮想通貨ニュース振り返り(2019年8月5日~8月11日)

2019年8月5日~8月11日における仮想通貨の主要ニュースと通貨の値動きを振り返ろう。

2019年8月5日~8月11日の仮想通貨ニュース

米ブロックストリーム社、マイニング施設を公開|フィデリティの参加も

8月8日、ブロックチェーン技術開発企業であるブロックストリーム社は、カナダのケベックとジョージア州のアデルにあるマイニング施設に関する情報を公開した。2017年からマイニング事業を行っていた同社は、サービスを拡大している。

そしてホスティングサービスを提供している現在の顧客の中に、米大手資産運用会社フィデリティの関連企業Fidelity Center for Applied Technologyが含まれていることを明らかにしている。このことから、フィデリティが本格的に仮想通貨のマイニング事業に参加していることがわかった。

リップル社、XRPをセキュリティトークンとしない英FCAのガイダンスを支持

8月8日、リップル社は公式サイトにライブディスカッション動画を公開した。その動画において仮想通貨に対する世界中の規制について触れ、「通貨XRPはセキュリティトークンに分類されない」とした英金融行動監視機構 (FCA) のガイダンスを支持した。

「XRPはセキュリティトークンに分類される」という懸念は数年前から存在している。セキュリティトークンとはトークン版の有価証券のこと。このセキュリティトークンに分類された場合従来の金融法の規制対象となるため、発行されるトークンや発行企業は罰則対象となる可能性がある。

7月に公開されたFCAの仮想通貨規制ガイダンスでは、「XRPは支払い用の交換トークンと、アプリケーションを利用するためのユーティリティトークンの特性をもつ」としている。リップル社は「態度を明確にしていない米国証券委員会 (SEC) にとって、見習うべきフレームワークだ」とした。

バイナンスUS、30個の仮想通貨リストを公開

8月10日、米国版バイナンスは公式ブログにおいて、米国の法的要件を満たした30の暗号資産リストを公開した。公開したリストの中にはビットコインやイーサリアム、リップル、バイナンスコインが含まれている。これらのリストの通貨の上場を検討するとのこと。

公開した暗号資産の全リストは次のとおりだ。
ADA、ATOM、BAT、BCHABC、BNB、BTC、DASH、EOS、ETC、ETH、HOT、IOTA、LINK、LOOM、LTC、MANA、NANO、NEO、PAX、REP、RVN、TUSD、USDC、USDT、VET、WAVES、XLM、XRP、ZIL、ZRX。

個別通貨の動き

主要通貨の値動きを見てみよう。

8月5日始値 8月11日終値 増減率
ビットコイン ¥1,161,290 ¥1,214,470 105%
イーサリアム ¥23,590 ¥22,774 97%
リップル ¥34 ¥31.8 94%
ビットコインキャッシュ ¥35,354 ¥35,432 100%

ビットコインの値動きが最も力強く、+5%の伸長を見せている。一方イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュについてはマイナス6%~0%と価格を伸ばせていない。

主要通貨以外でトピックがあったものとして、次の3つの通貨を取り上げた。

8月5日始値 8月11日終値 増減率
バイナンスコイン (BNB) ¥2,918 ¥3,168 109%
Huobi Token (HT) ¥492 ¥535 109%
VSystems (VSYS) ¥23.9 ¥23.8 99%

ビットコイン(BTC)

ビットコインはこの一週間でマイナス4%~+5%という価格変動を何度か繰り返している。この1週間の最高値は8月6日にマークした約129万円である。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、他の多くの仮想通貨と同様に一週間全体を通じて緩やかに下落している。

リップル(XRP)

リップルについても、他の多くの仮想通貨と同様に緩やかな下落基調だった。イーサリアムと同様のチャートとなっている。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュについても、一週間を通じて緩やかな下落基調だった。ただしUTC時間8月11日に+6%の高騰を見せており、1週間全体では±0%で終わっている。

バイナンスコイン (BNB)

バイナンスコインは8月7日~9日にかけて+13%の高騰を見せた。バイナンス上で行なわれる新たなトークンセールを8月7日に発表したことが影響していると思われる。

Huobi Token (HT)

8月6日、Huobi GlobalはIEO (取引所が行うトークンセール) の第5段を行うことを発表した。同日Huobi Tokenは+6%上昇している。

VSystems (VSYS)

8月9日、VSystemsはHuobi Poolにおいてステーキングを開始することを発表した。Huobi Poolで1,000VSYS以上をロックさせると、毎日報酬を得られるとのこと。この影響で価格が上昇している。

今週の展望

仮想通貨時価総額第66位のICON (ICX)では、さまざまなアップデートが予定されている。 新機能「P-Rep事前投票」が追加され、8月26日から9月24日まで投票が行われる予定だ。R-Rep候補者に投票し、委任することで報酬を獲得できるようだ。

まとめ

ビットコイン一強の様相を呈しつつある仮想通貨市場。120万円代を突破したビットコインは、アルトコインにはない力強い値動きをしている。今後もビットコインの値動きに注目したい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ