【孔明Check!】先週の仮想通貨ニュース振り返り(2019年8月19日~8月25日)

2019年8月19日~8月25日における仮想通貨の主要ニュースと通貨の値動きを振り返ろう。

2019年8月19日~8月25日の仮想通貨ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス提供開始

8月19日、楽天ウォレットが現物取引サービスを開始した。楽天ウォレットは2019年春にサービスを開始することを発表していたが、サービスの品質向上やセキュリティ強化を理由として取引サービスの提供を2019年夏に遅らせることを発表していた。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類となっている。楽天銀行に口座を持っている場合は新規申込時の本人確認手続きが不要となっているなど、他の取引所にはない独自のサービスを打ち出している。

bitFlyer、Tポイントをビットコインに交換できるサービスを開始

8月20日、国内大手取引所bitFlyerはTポイントをビットコインに交換できるサービスの提供を開始した。100ポイントにつき85円相当のビットコインに交換でき、さらに加盟店で買い物をしたときにビットコイン決済することでTポイントが貯まるというものだ。

対象加盟店はビックカメラやヤマダ電機、HISなどだ。これらのお店でビットコイン払いを行うと500円ごとにTポイントが貯まる。bitFlyerは約7,000万人のTポイント 利用者に対して新規顧客を獲得したい考えだ。

ディーカレット、電子マネーチャージサービスを提供開始

8月21日、国内取引所ディーカレットは仮想通貨から電子マネーにチャージするサービスの提供を開始した。利用者はディーカレットの口座に保管してある仮想通貨を指定し、金額を入力することでチャージが可能となる。対象の電子マネーサービスはau WALLETと楽天Edy、nanacoである。

これまで仮想通貨を決済に使うときは、現金に交換して決済を行うか、仮想通貨決済できるお店で決済サービスを利用する必要があった。電子マネーへのチャージが可能となったことで、仮想通貨を決済利用する用途が広がるだろう。

個別通貨の動き

主要通貨の値動きを見てみよう。

8月12日始値 8月18日終値 増減率
ビットコイン ¥1,103,754 ¥1,066,775 97%
イーサリアム ¥20,748 ¥19,659 95%
リップル ¥30.1 ¥28.4 94%
ビットコインキャッシュ ¥33,776 ¥32,155 95%

ビットコインと主要アルトコインはマイナス5%~マイナス3%程度の下落となった。2週連続で価格が下がっている。

主要通貨以外で価格を伸ばしているものは次の3つである。

8月12日始値 8月18日終値 増減率
Insight Chain (INB) ¥31 ¥38 119%
イーサリアムクラシック (ETC) ¥595 ¥752 126%
アイオータ (IOTA) ¥26 ¥28 105%

ビットコイン(BTC)

ビットコインは8月21日~22日にかけて大きく価格が下落した。値下がり幅はマイナス9%である。その後若干価格が回復したものの、週全体ではマイナス3%で終わっている。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインと同様に8月21日~22日に大きく下落した。値下がり幅は約8%である。その後価格が若干戻ったものの、週全体ではマイナス5%で終わっている。

リップル(XRP)

リップルはビットコインと同様のチャート形状となった。21日~22日にかけて約5%下落し、いったん回復したが元の水準までには戻らなかった。先週から30円を切る厳しい状況が続いている。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュはビットコインと同様のチャート形状となっている。21日~22日にかけて7%価格が下落した。週全体ではマイナス5%で終わっている。

Insight Chain (INB)

Insight Chainはスケーラビリティを備えたパブリックブロックチェーンを作成するプロジェクトだ。独自のコンセンサスアルゴリズムや技術を使い、ビジネスデータを保管するためのストレージサービスを提供する。

好材料となるニュースは確認できないものの、この一週間で+19%と大きく価格を上昇させている。

イーサリアムクラシック (ETC)

イーサリアムクラシックは9月13日にメジャーアップデートを予定している。このアップデートはAtlantisハードフォークと呼ばれるもので、イーサリアムクラシックの機能と安定性が向上するものだ。またイーサリアムとの互換性が確保される。

このハードフォークを前にイーサリアムクラシックの価格が+26%と大幅に上昇している。

アイオータ (IOTA)

2019年5月末、アイオータは大型アップデート「Coordicide」を発表した。8月20日にこのCoordicideで実装されるコンセンサスプロトコルについての公式ブログが更新されている。

アイオータの価格上昇はこのコンセンサスプロトコルの詳細発表が影響している可能性があるだろう。週全体で+5%となっている。

今週の展望

ICON (ICX)では、新たに実装されたPre-Votingを利用して8月26日から投票が実施される予定だ。事前投票イベントは9月24日まで行われる予定である。

またStellar (XLM) は2019年の2月・3月・5月・6月・8月・10月にマイナーリリースを行うと発表しており、8月分のリリースは今月31日までに行われる予定である。

まとめ

2週連続の下落となったビットコイン。アルトコインも同様に下落しており、今後の先行きを不安視する声も多い。悪材料となるニュースが無い中でも下落することが多いため、チャートを要チェックしたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ