ラグビーW杯関連銘柄 上がる株 一覧

ラグビーW杯に注目

ラグビーW杯とは

2019年ラグビーW杯が9月20日に日本で開幕する。

ラグビーは日本では野球やサッカーと比べると人気が劣る面こそあるものの、世界的には注目度の高いスポーツである。

また、五郎丸歩選手などの活躍で日本でもラグビーの知名度は高まってきていると言え、ラグビーW杯開催を機にラグビーファンが増加することも考えられる。

都市開催のオリンピックと異なり、ラグビーW杯は日本各地で試合が行われる。

東京の他、東大阪市の花園ラグビー場や、復興した釜石市などで試合が実施され、地域経済への貢献にも期待したい。

テレビドラマによる影響も

現在TBS系列で放送されている「ノーサイド・ゲーム」というドラマは、「半沢直樹」や「陸王」「下町ロケット」など、数多くの人気ドラマを輩出した池井戸潤氏の作品であり、放送枠も同じことから今現在も高視聴率となっている。

このドラマが「ラグビー」を題材にしており、これにより世間の「ラグビー」への関心が向かうことも大いに考えられ、W杯とのシナジーで火が付く可能性はあるだろう。

ラグビーW杯関連銘柄が株価を上げる仕組み

ラグビーW杯関連銘柄は、ラグビーの観戦客による宿泊や移動による恩恵を受けられる。

試合会場付近を通る公共交通機関やホテルは需要増により利益を伸ばすチャンスだ。

また、ラグビー人気が高まると、国内ラグビートップリーグで活躍するチームを抱える企業に資金が集まることもあり得る。

特に、日本がラグビーW杯で好成績を収めた場合は、注目選手の所属チーム銘柄が人気化しやすくなるだろう。

さらに、ラグビーファンは日中から多くのビールを飲みながらラグビー談議を楽しむことで知られている。

そのため、ビール飲料メーカーにも関心が向かう可能性に期待できる。

動きのあるラグビーW杯関連銘柄

花園ラグビー場絡みで近鉄グループホールディングスに期待

関西の大手私鉄である<9041>近鉄グループホールディングスは年初から株価が堅調だ。

1月4日に4,700円でスタートした株価は、その後一度も4,600円を割り込むことなく推移している。

米中貿易摩擦や日韓関係の悪化で市場が荒れる中でも、8月23日終値が5,290円と年初より10%程度高い。

海外景気の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄であり、消費増税に強い鉄道銘柄でもあることから安心感の強い銘柄だ。

国内ラグビーの聖地とされる花園ラグビー場でもラグビーW杯の試合が開催予定であり、最寄り駅までの輸送を担う同社に関心が向かうチャンスがある。

ラグビートップリーグに参加するチームも抱えており、W杯を機に堅調な株価を下支えする材料がさらに増えることとなろう。

ラグビーW杯関連銘柄 一覧

チェック

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
9740 セントラル警備保障 警備サービス大手。ラグビーW杯試合会場などでの警備需要を取り込みたい。 ★★★
6502 東芝 電機メーカー大手。経営再建に取り組む中、ラグビートップリーグチームへの関心から買われる可能性に期待。 ★★★★
7272 ヤマハ発動機 二輪車メーカー。ラグビートップリーグ所属チームを抱える。 ★★★★
2587 サントリー食品インターナショナル 飲料メーカー大手。ラグビーファンのビール需要を取り込みつつ、国内トップリーグ所属チームの人気化にも期待。 ★★★★★
3547 串カツ田中 居酒屋を展開。居酒屋でビールを飲みつつラグビー談議に花を咲かせるラグビーファンを取り込みたい。 ★★★★
9041 近鉄グループホールディングス 関西の私鉄大手。国内ラグビーの聖地とされ、W杯の試合も開催される花園ラグビー場への輸送を担う。 ★★★
9713 ロイヤルホテル 「リーガロイヤル」ブランドでホテルを展開する。ラグビーファンによる長期滞在を取り込めれば追い風。 ★★★
3926 オープンドア 旅行比較サイトを提供している。ラグビーファンが試合観戦と合わせて観光地を周遊する動きが強まれば利用者増に期待。 ★★★
2503 キリンホールディングス ビールメーカー大手。長雨や消費増税による悪影響が懸念される中、ラグビーW杯がビール消費の起爆剤となればチャンス。 ★★★★
2501 サッポロホールディングス 飲料メーカー大手。居酒屋等でビールを飲むラグビーファンが多数出れば追い風。 ★★★★

株師孔明注目のラグビーW杯関連銘柄

統計

これから注目のテーマ株となりうるラグビーW杯関連銘柄。

その中でもとくに注目しておきたい企業を紹介していこう。

<2587>サントリー食品インターナショナル

の株価

飲料メーカー大手。

ラグビーW杯観戦に訪れたラグビーファンが、ビール飲料を多く飲めば需要拡大を取り込むチャンスだ。

ラグビートップリーグに参加する強豪チームも抱えており、国内でのラグビー人気が高まればさらなる追い風が吹く。

長雨によるビール需要減退や消費増税による節約志向の高まりが懸念材料だが、夏前の予想に反して猛暑となったことなど好材料も見られる。

ラグビー日本代表の試合だけでなく、サントリーの株価もウォッチしておくとよいだろう。

<6502>東芝

の株価

大手電機メーカー。

海外原発がらみの損失もあり経営再建中だ。

経営再建の成否は予断を許さないものの、2019年3月期には復配を実現するなど明るい兆しも出てきている。

ラグビートップリーグに参加するチームを抱えており、ラグビーW杯を機に国内ラグビーにも関心が向かえば追い風となる。

インフラ事業などで堅実に利益を積み上げる体質をどこまで早期に実現できるかに要注目だ。

ラグビーW杯関連銘柄 まとめ

ラグビーW杯関連銘柄は、日本でのラグビーW杯開催が近づいていることから注目を集めている。

韓国との関係悪化などでインバウンド需要に陰りが見える中、世界各国から多くの観光客を集めるチャンスだ。

自国でのW杯開催に向けて強化を図ってきた日本チームが活躍を見せれば、関連銘柄への資金流入加速に期待したい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ