【孔明Check!】先週の仮想通貨ニュース振り返り(2019年12月2日~12月8日)

2019年12月2日~12月8日における仮想通貨の主要ニュースと通貨の値動きを振り返ろう。

2019年12月2日~12月8日の仮想通貨ニュース

bitFlyer、仮想通貨XRPの取り扱いを開始

12月2日、国内大手取引所bitFlyerは仮想通貨XRPの取り扱いを開始した。販売所形式で取引できるようになるが、板取引は提供されない。

XRPはCoincheckやbitbank、SBIバーチャルカレンシーズなど多くの国内取引所で取り扱いがある、人気の仮想通貨である。

2018年1月に同社が仮想通貨LSKの取り扱いを発表した際は、LSKの価格が65%ほど上昇したが、今回のXRP上場発表の際に価格変動は見られなかった。

GMOコイン、仮想通貨XLMとXEMの取り扱いを開始

12月4日、国内取引所GMOコインは仮想通貨ステラ (XLM)とネム(XEM) の取り扱いを開始した。

XLMは、11月に国内取引所Coincheckが国内ではじめて取り扱いを開始した仮想通貨である。XLMを取り扱う国内取引所は、Coincheckに続いて2例目である。

XEMは2020年第一四半期に大型アップデート「カタパルト」を控えており、今後価格上昇が期待できる通貨である。国内取引所ではZaifとCoincheckが取り扱っているが、取り扱い取引所は少なかった。

GMOコインは国内において、ネム取引の需要が大きいと判断したのかもしれない。

米財務長官、デジタルドルの発行は不要との見解

米財務長官ムニューシン氏は、中国がデジタル人民元の発行を進めていることに対して、「アメリカは今後5年間デジタル仮想通貨を発行する予定はない」と述べた。

中国は国を挙げてブロックチェーン事業に取り組んでいることが報じられており、中国に対抗してアメリカも何らかの対策を行うと見られていた。しかしムニューシン氏は「アメリカにはすでに高度な決済システムがある」として、仮想通貨に否定的な見解を示した。

個別通貨の動き

主要通貨の値動きを見てみよう。

12月2日始値 12月8日終値 増減率
ビットコイン ¥809,220 ¥821,791 102%
イーサリアム ¥16,479 ¥16,433 100%
リップル ¥24.6 ¥25.0 102%
ビットコインキャッシュ ¥23,585 ¥23,288 99%

ビットコインは前週に引き続き上昇したが、主要アルトコインはほぼ横ばいで推移している。

主要4通貨以外で価格を伸ばしたものについては、以下の3つの通貨を取り上げた。

12月2日始値 12月8日終値 増減率
Tezos (XTZ) ¥136 ¥175 128%
Crypto.com Coin (CRO) ¥2.9 ¥3.2 112%
HedgeTrade (HEDG) ¥80 ¥133 166%

ビットコイン(BTC)

前週のビットコイン価格は乱高下した。12月4日に5%程度上昇したが、翌日に3%下落。下落後は上昇基調となった。週全体では+2%で終わっている。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムもビットコインと似た形状のチャートとなった。12月4日に4%程度上昇したが、翌日に3%下落。その後上昇に転じた。

リップル(XRP)

リップルについても、ビットコインと似た形状のチャートを形成した。12月4日に4%程度上昇し翌日に2%下落、その後上昇に転じている。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュについても、ビットコインと似た形状のチャートとなった。ただしビットコインキャッシュの価格は週全体でマイナス1%と減少している。

Tezos (XTZ)

仮想通貨時価総額第11位のTezosは、スマートコントラクト機能を兼ね備え、dApp開発を行えるブロックチェーンプラットフォームである。

12月5日に新たなアップデート「スマートコントラクトAPIの公開」を予告したため、価格が上昇している。このアップデートは12月12日に反映される予定だ。

Crypto.com Coin (CRO)

Crypto.comは、世界中の人々に対し、暗号通貨による金融資産サービスの提供を目指すプロジェクトである。

12月4日、取引所「Crypto.com Exchange」のパブリックβ版が公開された。またハードウォレットLedger nanoシリーズを提供するLedger社と提携することを発表し、Crypto.comユーザーの資産やCrypto.com社の自社資金を保護するとした。これらの発表を受けてCROの価格が上昇している。

HedgeTrade (HEDG)

Hedge Tradeは、世界中のトレーダーの知識を共有し、予測を販売するプラットフォームを作るプロジェクトだ。

12月6日に上記プラットフォームのβ版がローンチされため、価格が急上昇している。HEDGの価格上昇は先週に引き続き2週連続である。

今週の展望

今週予定されている通貨のアップデート情報はない。

ただ、2020年第一四半期に大型アップデートを予定しているネム(XEM) について、価格上昇を期待できる材料が増えつつある。付与される新たな通貨について取引所へ上場される予定と報じられ、前週はGMOコインがXEMの取り扱いを開始した。

大型アップデートはまだ数ヶ月先になるが、先に仕込んでおくことも検討すべきかもしれない。

まとめ

2週連続の価格上昇となったビットコイン。国内取引所2社において新通貨を取り扱い開始するなど、国内では明るいニュースが多かった。

年末に向けてどのように価格が変化するか、注目したい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ